キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

紫外線対策の方法は?年齢肌の正しいUVケア

      2016/02/24

夏の紫外線

 

肌の老化を助長させてしまう紫外線。

慢性的に浴び続けてしまうと、シミ・シワ・たるみなどを

引き起こしてしまいます。

いつでも日焼け止めクリームをつけてる、という方は多いと思いますが、

それだけではちょっと不安。

 

今の紫外線対策を少しだけ見なおして、

紫外線による肌の衰えを食い止めてしまいましょう。

 

スポンサーリンク

 

年齢肌の正しい紫外線対策とは?

 

紫外線対策に必要なのは、

●パウダーファンデーション

●日焼け止めクリーム

の2つ。

 

えーー…

その2つなら、全然真新しくないじゃない。

本当に大丈夫なの?それで。

 

はい!大丈夫です。

ではでは、順にご説明していきましょう。

 

パウダーファンデーションで紫外線対策

ここでいうパウダーファンデーションとは、

いわゆる粉のタイプのファンデーションのこと。

UVケアというと日焼け止めに特化した化粧品を思い浮かべがちですが、

それがなかなか、ファンデーションはスグレモノです。

 

ファンデーションの粉の成分は紫外線をはね返す作用が。

これって、日焼け止めクリームと同じです。

 

ちなみに、リキッドタイプのものは粉の密度が低いので

パウダータイプより効果は薄め。

もし日頃使っているファンデーションがリキッドタイプの場合は、

上からフェイスパウダーを塗ってみてもいいですね。

フェイスパウダーの粉も、紫外線をはね返してくれます。

 

紫外線対策におすすめのファンデーションのまとめはこちら。

→→

 

日焼け止めクリームは、元々肌への刺激が強いものです。

有名な美容家の方も

「数十分程度なら、日焼け止めを塗らないほうがマシ」

ということをおっしゃっています。

日焼けのダメージよりも、日焼け止めクリームのダメージのほうが

肌には悪いということを

間接的に言っているんですね。

 

とは言っても、夏には海やアウトドア。

秋や冬にだってレジャーやウィンタースポーツ。

お子様がおられる方なら、365日公園でしょうか。

 

長時間紫外線にさらされてしまうということも

やっぱりありますよね。

そんなときには、日焼け止めクリームの使用もするべきです。

 

正しい日焼け止めクリームの選び方

日焼け止めクリームを選ぶ上で確認しておきたいのは

●SPFの数値

●PAの表記

●ノンケミカルかどうか

 

SPFとは…

 

赤くなってひりひりする日焼けを防御するもの。

20を超えていれば、それ以上は紫外線の遮断率に大差はないので、

「20を超えていればヨシ」

と考えていればOK。

 

PAとは…

 

真皮まで届いてしまう紫外線を防御する力のこと。

女性としては、こちらを十分に防ぎたいところです。

こちらは「+」がいくつあるかで防御力を表しています。

 

「+」から「+++」まで。

できれば「+++」を選びたいところです。

 

ノンケミカルとは…

 

「紫外線吸収剤」を使っていない日焼け止めクリームのこと。

 

詳しく知りたい方は…

日焼け止めクリームには、

●紫外線吸収剤を用いているもの

●紫外線散乱剤を用いているもの

2種類があります。

 

紫外線吸収剤は、肌の上に乗せた日焼け止めクリームに、

紫外線を吸収させてしまうもの。

こちらは肌への刺激になる場合もあります。

 

一方紫外線散乱剤は、紫外線を反射させるもの。

肌へのダメージは少ないですが、乾燥しやすいというデメリットも。

 

ノンケミカルの日焼け止めクリームにはその旨の表記があります。

試してみて、肌にあったものを選んでみてくださいね。

 

ポイントは…

●紫外線対策には、「ファンデーション」

●ここぞというときは、「日焼け止めクリーム」

●肌にあったものをきちんと選ぶ

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 肌の基礎知識, エイジングケア , , ,