キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

30代が20代用の化粧品を使ってもいい?年代が違っても肌に合えば大丈夫な理由

   

水のイメージ

30代が20代用の化粧品を使う…つまりは他の年代の化粧品を使うこと。

使うことについては、まったく問題ないです。

ただ、注釈として加えられるのは、「肌の状態が合っていれば」です。

 

対象年齢がついている化粧品の多くは

「その年代の平均的な肌の状態に合わせている」というだけのこと。

自分の肌がその化粧品に合っていれば、40代でも20代の化粧品が使えるし、

逆に20代が40代の化粧品を使うのも、まったくもって問題なしです。

 

スポンサーリンク

 

ただ疑問は、「自分の肌に合っている」ってどういうこと?ですよね。

そのためにはまず、「その年代の平均的な肌質」を知らなきゃです。

 

対象年齢の違う化粧品を使っても大丈夫?ここをチェックしたらOK

肌質は年齢とともに変化していきます。

詳しい変化についてはこちらでご紹介していますが、ポイントは皮脂と水分量。

ざっくりと年代別に。

 

肌に合う化粧品ってどういうこと?年代別の肌質

20代の肌

 

20代の肌はまだまだ健康的。

水分量も皮脂量も十分ですが、肌老化やエイジングサインが出始める時期です。

 

30代の肌

 

30代をピークに、皮脂量がじょじょに少なくなっていきます。

そして、肌の乾燥を感じ始めるのも、30代半ばくらいからです。

この頃はエイジングサインが大きく出始め、シワやたるみなどの症状に悩まされることも。

 

40代の肌

 

皮脂量・水分量がともに低下していき、乾燥が目立ってくる年代。

ターンオーバーの遅れが目立つようになり、肌がゴワつくと感じることも。

乾燥対策を前提に、肌の悩み別の対処が必要です。

 

ざっくりとした年代別の肌質を上げてみましたが、

「○○代用」と書かれている化粧品の多くは、

こういう、その年代にあった成分を配合してるんですね。

 

20代であれば、今の綺麗な肌を保つための予防的な成分を。

30代であれば、乾燥対策とエイジング症状を予防・改善できる成分を。

40代であれば、乾燥対策・皮脂対策と肌力を健康に正常に戻すための成分を。

 

例えば「40代用」と書かれているクリームは、油分が多めです。

これは、平均的な40代の肌には皮脂量が足りていないのでそれを補うため。

こんなふうに、「その年代の肌に補わないといけないもの」を入れてあるのが年齢化粧品です。

 

化粧品が自分に合っているかどうかの判断方法

顔を洗う女性

朝起きた時の肌の状態はどうでしょうか。

自分の本来の肌質を知るには、

朝起きた時の肌や風呂上がり後数十分の肌を見ると分かりりやすいです。

 

自分の肌質を見て、

乾燥が激しいのであれば、自分の実年齢よりも上を対象にした化粧品を使うのもありです。

皮脂量が少ないと感じるなら、40代以上の化粧品でも大丈夫です。

 

ただここの選択を間違ってしまうと、

皮脂量が普通なのに油分の多いクリーム→吹き出物の原因になる

みたいに、肌質を悪化させてしまうこともあります。

購入しようと思っている化粧品の成分を見といたほうが安全です。

 

その一方で、どんな年齢の方でも行っておきたいのが乾燥対策

エイジングサインがまだ表に出てきていない20代でも、

だんだんと大きく肌にではじめている30代や40代でも、

肌のお手入れの基本は、乾燥対策です。

 

肌の水分がなければ、どんな化粧品を使ってもシワやたるみは出てくるし、

くすみやシミの原因にもなってしまいます。

迷っているならまず、乾燥に対策できる化粧品かどうかを確かめてくださいね。

私が試した乾燥対策化粧品の本音レビューはこちらからどうぞ。

↓↓

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 肌の基礎知識