キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

ミネラルオイル

   

リラックス

ミネラルオイルと聞くと「?」な人でも、

鉱物油と聞くと、「…!!」となる人も多いんじゃないでしょうか。

あんまりいいイメージのないミネラルオイル(鉱物油)。

どんな成分なのかを、まとめてみました。

 

ミネラルオイル(鉱物油)って何?肌に悪そうだけど本当はどうなのか

ミネラルオイルは、ワセリンと同様に石油から得られる成分。

室温で液体の状態だとミネラルオイルに。

室温で個体の状態だとワセリンに。

本質的には同じもののはずなんですが、なぜかワセリンに対してはそこまで悪いイメージがないですね。

 

ミネラルオイルの使用感はサラッとした感じ。

肌への吸収性が低いという特徴があるので、肌表面にとどまりやすく、

肌の保護膜を形成してくれます。

そしてクレンジング力も高いので、クレンジング剤に配合されることも。

 

ミネラルオイル(鉱物油)は肌に悪い?

遡ること、1970年代。

精製度の低い鉱物油を使った化粧品が販売されていて、

それを使った人の中から油焼けのような症状が出た人があらわれました。

この原因は鉱物油そのものではなく、精製度が低いがゆえに混ざってしまった不純物が原因だったと、

後に解明されますが、悪いイメージはそのまま。

鉱物油は肌に良くないというイメージを持つ人も、少なくはないはずです。

 

現在では、不純物を取り除いた精製度の高いものが化粧品として販売されています。

例えばワセリン。

安全性の高さから、皮膚科で処方される保湿薬の定番にもなっています。

ミネラルオイルは、ベビーオイルの原料です。

 

ミネラルオイルが良いか悪いかの判断は、

原料となっているものが「石油由来なのか」「動物・植物由来なのか」ではなく、

不純物が限りなく取り除かれているものなのか、

精製度の高いものなのかから判断するべき。

それぞれに嗜好があるので(オーガニック志向やナチュラル志向などなど)一概には言えませんが、

肌の弱い方は特に、「どんな油性成分か」を考えたほうがいいかもです。

 

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 美容成分一覧