キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

アルブチン

   

水のイメージ

化粧品の美容成分として有名な「アルブチン

広告やCMで耳にすることも多いはず。

どんな特徴があって、肌にどんなふうな作用があるのか、

アルブチンについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

アルブチンって何?メラニン抑制する美白成分

アルブチンは

・コケモモなどの植物に含まれる

・糖とハイドロキノンから合成される

二通りあり、ハイドロキノン糖誘導体です。

☆ハイドロキノンって何?☆

ポイント

ハイドロキノンは医療機関で使用される「漂白成分」です。

継続使用することで白斑(白く色抜けすること)も報告されているほど強烈。

ただ、アルブチンはハイドロキノンを誘導体化したものなので、

ハイドロキノンに比べて刺激もほとんどない、美白成分です。

 

アルブチンの代表的な作用は、「メラニン生成の抑制」です。

メラニン生成に関わるチロシナーゼに作用して、

シミの原因となるメラニンの動きを阻害します。

(参考:30代の美白化粧品の選び方。シミがなくすにはこの美容成分が必須

 

ただハイドロキノンと違って、

「すでにできているシミの除去」というよりは、「シミの予防」に向いている美容成分。

除去できるほどの強力な力はありません。

 

アルブチンの種類

アルブチンの慣用名は「α-アルブチン」「β-アルブチン」とあります。

どちらもハイドロキノンの誘導体ですが、結合様式によって分かれます。

 

α-アルブチン

ハイドロキノンにブドウ糖を結合させたもの。

β-アルブチンに比べ、約10倍ものメラニン生成抑制作用があることが近年分かり、

それ以降、注目を集めている成分です。

肌への刺激もほとんどなく、安定した成分だといわれています。

 

β-アルブチン

一般的に「アルブチン」というと、β-アルブチンをさします。

コケモモ、ナシ、ツツジ科のハーブ、ウワウルシなどに含まれています。

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 美容成分一覧