キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

グリチルリチン酸2K・グリチルレチン酸ステアリル

   

洗面所

名前は似ているけど、実は違う。

グリチルリチン酸2K」と「グリチルレチン酸ステアリル

どちらも同じものからの誘導体なんですが、どんな役割?何が違う?などなど。

成分についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

グリチルリチン酸2Kって?水溶性の医薬品成分

グリチルリチン酸2Kは、医薬部外品の有効成分の一つ

強力な消炎作用があります。

グリチルリチン酸2Kは、カンゾウ根エキスの主成分である「グリチルリチン酸」の誘導体です。

(参考:化粧品成分 カンゾウ根エキス

 

水溶性の成分なので、

化粧水など、水性成分の多い化粧品によく配合されています。

 

グリチルリチン酸2Kとステロイドは同じ成分なのか?

アレルギーなどで皮膚科に行くと、よく処方される「ステロイドホルモン」

このステロイドが、「グリチルリチン酸2Kと同じ成分?」と言われることがあります。

 

成分としての構造骨格が似ているため、同じように思われることもあるかもしれませんが、

化粧品に配合されているグリチルリチン酸2Kには、ステロイドのような免疫抑制作用はありません。

 

グリチルレチン酸ステアリルって何?

カンゾウ根エキスの主成分「グリチルリチン酸」の誘導体。

ここまではグリチルリチン酸2Kと同じですが、

グリチルリチン酸2Kが水溶性の成分であるのに対して、

グリチルレチン酸ステアリルは油溶性の成分です。

そのため、クリームや乳液、オイル系の化粧品によく配合されています。

 

効果の面でも違いがあり、グリチルレチン酸ステアリルのほうが、

症、アレルギーに対して抑える力が強いと言われています。

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 美容成分一覧