キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

   

新緑とベンチ

紫外線吸収剤として使われている「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

なかなかじっくりと見ることの少ない日焼け止め成分ですが、

どんな成分なのかについて、まとめてみました。

スポンサーリンク

 

メトキシケイヒ酸エチルヘキシルって?効果の高い紫外線吸収剤

特にUV-β波の吸収効果に優れている紫外線吸収剤である、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル。

淡黄色の粘性液体で、わずかに特異な匂いがあります。

オイルやアルコールには溶けますが、水には溶けません。

 

メトキシケイヒ酸エチルヘキシルは、ケイヒ酸をもとに作られています。

ケイヒ酸の原料になっているのは、シナモンの仲間である肉桂から得られる桂皮油。

この桂皮油には、紫色を吸収する性質を持った「ケイヒ酸」が含まれていて、

そこからメトキシケイヒ酸エチルヘキシルができています。

 

天然のケイヒ酸はごく微量しか存在していないので、

日焼け止めクリームなどに配合される場合は、合成のケイヒ酸が使われます。

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 美容成分一覧