キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

キサンタンガム

   

水のイメージ

化粧品にとろみや固さを出すための増粘剤として使われるキサンタンガム。

化粧品だけではなく、加工食品にも使われることのある成分です。

どんな特徴がある成分なのかとまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

キサンタンガムって?天然由来のポリマー

カルボマーやペクチンなどと同様に、

水にとろみを与えるための増粘剤として使われている成分です。

水や熱湯に簡単に溶け、

低濃度で高粘度の溶液になるという特徴があります。

使用目的は主に、

・乳液や美容液のしっとり感を出すために配合

・ファンデーションやアイシャドウなどの粉状化粧品を、

固形状にするための結合剤として配合

 

キサンタンガムの原料

元々はキャベツに含まれている成分ですが、

工業的に作る場合は、とうもろこしのデンプンから抽出したブドウ糖などの炭水化物を、

キサントモナス菌を使って発酵させて作ります。

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 美容成分一覧