キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

アスコルビン酸

   

kankiturui

エイジングケアを考えていて、化粧品の配合成分に関心を持った方なら、

必ず目にしたことのある「アスコルビン酸」という成分。

よく見るけど実際はどんなものなのかを、よく知らないという方もいるのではないでしょうか。

どんな成分なのか、まとめてみました。

スポンサーリンク

 

アスコルビン酸とは。抗酸化作用のある酸化防止剤

アスコルビン酸の慣用名は「ビタミンC

エイジングケア全般に効果を発揮する、あのビタミンCです。

(参考:化粧水はどうやって選ぶ?欲しい美容成分と化粧水の種類

水に溶けやすく、強い酸味のある粉体です。

 

レモンやオレンジ、みかんなどの柑橘類、赤ピーマンやいちごなどの野菜にも多く含まれています。

強い抗酸化作用があって、

お茶などの飲料にも、酸化防止剤として入っている場合があります。

 

アスコルビン酸の特質

高い抗酸化力があり、エイジングケアにはうってつけの成分なのですが、

水や熱、光に対してはとても不安定で壊れやすい成分です。

ですので、「アスコルビン酸」そのままの形で化粧品に配合されることって少ないんですね。

多くの場合は「〇〇アスコルビン酸」のような形で配合されています。

 

これってつまり、分子の構造を変えて安定化した状態で配合されてるんですね。

その「安定化」という作業の結果が、「エステル」や「誘導体」と呼ばれる形。

特に、誘導体の形で化粧品に配合されることはとても多いです。

(参考:ビタミンC誘導体が配合されている代表的な化粧品:ナリス化粧品

 

他にも「エステル」の形では、「ステアリン酸スコルビル」「パルミチン酸アスコルビン」などが有名です。

☆エステルとは☆

酸とアルコールが反応してできる化学物質のことを、エステルと総称します。

 

キレイへのいろんな商品の口コミはこちらからどうぞ。

↓↓

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 美容成分一覧