キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

妊娠初期でもフェイシャルエステできる?妊娠中の肌トラブルと対策法

      2017/09/26

マタニティ

(´・ω・`)「妊娠初期ってフェイシャルエステ行ってもいいの?」

(´・ω・`)「妊娠中はシミが増えるらしいから、行きたいんだけど…」

女性にとって妊娠は、体の作りそのものが変わってしまうくらい、変化の激しいとき。

肌などの表面的なことも変わるし、体調や嗜好などの内面的なことも変わります。

好きだったことが嫌いになったり、

食べれなかったものが、「それしか食べたくない!」ってくらいに好きになったり。

 

スポンサーリンク

 

例えば、痩身に代表されるような全身エステ。

お腹を避けた施術だとしても、個人的にはおすすめできません。

エステに行くとどうしても血流が良くなります。

それはとってもいいことなんですが、それが原因でお腹が張ってしまうことも。

 

妊娠初期のフェイシャルエステは大丈夫?

(´・ω・`)「じゃあ、全身エステじゃなくてフェイシャルエステはどうだろう」

つわりがなければ妊娠初期は、体は楽な時期かもしれません。

でもでも、妊娠初期ってとても大事な時期

流産の危険性が高いのもこの時期で、体を動かしすぎたらいけないのもこの時期。

 

もちろん妊娠に対する耐性というか…

何をしても大丈夫!という方もいますが、その一方で

日常生活をしているだけでも切迫流産になりかけたという人も少なくないんですよね。

自分がどういうタイプか、そのときになってみないと分かりません。

何かあってからでは遅いですし…

 

もし妊娠中にフェイシャルエステを考えるのであれば、

●産婦人科で相談する

●安定期(妊娠中期)まで待つ

●超音波など特殊なものを使わないエステにする

●施術前に妊娠中であることをエステティシャンに伝える

これを徹底してください。

 

もし自分の体にエステが合うのであれば、

妊娠中のストレスの軽減にもなりますしリラックス効果もあります。

妊娠中ってなぜかイライラしたり、逆に涙ぐんでしまったり。

情緒不安定になりがち。

そういうときの癒やしの場ができたら、妊婦生活が楽しくなるかもです^^

 

特殊な器具を使わないマッサージが主なものでいうと、

ポーラのホームエステなんかは値段も安いですしいいかもですね。

自宅ってことで片付けなきゃとかいろいろありますが、

それでも自宅だからこそ、何かあっても安心できます。

≫≫POLAのホームエステの口コミ。自宅フェイシャルエステの金額や内容は?

 

妊娠初期のスキンケアの方法は?肌トラブル対策をしたい!

妊娠初期に、肌に出やすい症状としては

●乾燥肌

●肝斑

●大人ニキビ

体全体については

●妊娠線

●静脈瘤(血流が滞ってコブのようになる。主に足)

などなど。

 

女性ホルモンの分泌が今までとは全く異なるため、

思ってもみなかった肌トラブルが出てきてしまうことも。

ちなみに私の場合は、乾燥肌だったのにオイル肌に変わりましたしね。

シミがドバっと増えたのも、第一子の妊娠がきっかけだったように思います。

 

妊娠初期については、自分の体と相談しながらのホームケアが中心に。

安定期に入るまでの間は敏感肌用の化粧品を使う、とか

肌トラブルにあった美容成分を摂取する、とか。

自宅でもできることはたくさんあります^^

 

肌トラブルに応じた美容成分についてはこちらからどうぞ。

(エイジングケア対策ですがもちろんそれ以外の方にも^^)

→→肌の悩み別対策法一覧

 

ポイントは…

●妊娠初期のフェイシャルエステはやめたほうが無難

●安定期に入ってからのエステも注意点を守って

●妊娠初期はきちんとしたホームケアを

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - エステ, フェイシャルエステ ,