キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

アンプルールラグジュアリーホワイトの口コミ。効果を画像で公開!すごい美白化粧品だった

   

年齢を重ねるにつれて出てくる肌の悩みに、必ずと言っていいほど入ってくるのがシミ。

「あれ?私、こんなにシミたくさんあったっけ?」

「このまま、もっと目立つシミになっちゃったらどうしよう…」

そうです!そんなシミにアンプルールラグジュアリーホワイトを使ってみました!

7日間用のトライアルセット、試してみてどうだったのさ?を、

完全ノーカット(なんだ)でお伝えしたいと思います。

●ラグジュアリーホワイトの特徴

●配合成分

●使ってみた感想

●不満点と効果について

≫≫ラグジュアリーホワイト公式HPへ

 

アンプルールラグジュアリーホワイトって?特徴と配合成分

さて、「アンプルールラグジュアリーホワイト」って、

VOCEだったり美的だったりによく登場する、有名人気化粧品です。

(´・ω・`)「いいって言うけどさ、何が良くてそんなの言ってるわけ?」

アンプルールラグジュアリーホワイトの特徴=いいとこは、ハイドロキノン!

ハイドロキノンの知識なくして、「アンプルールいいぜー♪」なんて言うなよ、と。

 

ハイドロキノンの美白効果

「皮膚の漂白剤」と呼ばれることもあるハイドロキノン。

美容皮膚科で行われるシミ取りなども、ハイドロキノンが使われることが多いです。

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素 の合成を阻止する働きがあり、

その美白効果はコウジ酸やアルブチンの数10倍~100倍といわれています。

引用:ロート製薬「スキンケア研究所」

古くからアメリカなどでは、「美白といえばハイドロキノン」というくらい。

ただこのハイドロキノン、肌への刺激が強いというデメリットがあるんですね。

意味ないじゃーん。それ、意味ないじゃーん。

 

で、アンプルールで使われているハイドロキノンは、

肌刺激をやたらと少なくしている「新安定型ハイドロキノン」というやつなんですね。

 

新安定型ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは美白成分としては強い一方で、

酸素や光、熱に対して非常に不安定な成分です。

それゆえに、肌につけたときに刺激が強かったり炎症になったりするんですね。

じゃあ、肌につけなきゃいいじゃない!ということで、

「新安定型ハイドロキノン」は、BCDAC(セタルコニウムクロリド)という盾を作って、

肌に浸透していく過程で、ハイドロキノンが放出されるようになってます。

(アンプルールだけの独自成分です。)

皮膚の専門家、高瀬のもと高い安全性が確認されており…(中略)

引用:アンプルールラグジュアリーホワイト販売ページ

この化粧品を監修している皮膚科医の確認がなされているよう。

こちらは主に、「できてしまったシミを薄くする」ためのハイドロキノンです。

 

ハイドロキノン誘導体で防ぐ

ラグジュアリーホワイトに配合されているもう一つのハイドロキノンが、

ハイドロキノン誘導体」です。

☆誘導体とは☆

その成分がより吸収されやすいように、変化させたもの。

美容成分で有名な「アルブチン」もハイドロキノンの誘導体です。

ハイドロキノン誘導体は、メラニンの本体である「チロシン」を活性化させてしまう

「チロシナーゼ」の働きを抑制します。

いわば、「シミになる前に元からやっつけちゃうよ」というもの。

≫≫ラグジュアリーホワイト公式HPへ

 

アンプルールラグジュアリーホワイトの配合成分

美容に興味のある方は、やっぱり気になる配合成分。

アンプルールラグジュアリーホワイトの配合成分をまとめます。

 

コンセントレートHQ110(スポット集中美容液)の配合成分

ジメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、DPG、セタルコニウムクロリド、ハイドロキノン、BG、ビサボロール、水、エチルセルロース、カンゾウ根エキス、ムラサキ根エキス、チオクト酸、ゲンチアナ根エキス、クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、フェノキシエタノール、香料

セタルコニウムクロリド、ハイドロキノンが、

新安定型ハイドロキノンの成分。

●ビサボロール……カモミールの精油に含まれる。高い美白効果。

●カンゾウ根エキス……抗炎症。消炎、美白、保湿効果。

●チオクト酸(αリポ酸)……細胞中のミトコンドリアに存在。抗酸化力。

 

ローションAO2(化粧水)の配合成分

水、ラフィノース、ポリソルベート60、BG、ペンチレングリコール、グリセリン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、アルギニン、マンニトール、グルコン酸Na、ラウロイル乳酸Na、PCA-Na、加水分解コラーゲン、ハイドロキノン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ゲンチアナ根エキス、クズ根エキス、グルコシルルチン、プラセンタエキス、アロエベラ葉エキス、グリチルリチン酸2K、クロレラエキス、コレステロール、水添レシチン、セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、フェルラ酸、ワルテリアインディカ葉エキス、キサンタンガム、ダイズステロール、3-O-エチルアスコルビン酸アリストテリアチレンシス果実エキス、ブドウ葉/種子/皮エキス、レスベラトロール、ムラサキ根エキス、チオクト酸、カルボマー、シクロデキストリン、デキストリン、セタルコニウムクロリド、クエン酸、クエン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、香料

新安定型ハイドロキノンに加え、

セラミドやコラーゲン、プラセンタなどのなじみ深い美容成分も配合されています。

化粧水で特筆すべきなのは「AOカプセル」

これは抗酸化力を持つ成分をナノカプセルに入れた独自成分です。

太字になっているのが、カプセル内に入っている成分です。

 

アクティブフォームラ2(薬用美白美容液)の配合成分

こちらは医薬部外品です。

有効成分:グリチルリチン酸2K、アルブチン

その他の成分:水、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、BG、アルギン酸Na、部分水添ホホバ油、ホホバ油、パルミチン酸イソプロピル、ジメチコン、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、POE硬化ヒマシ油、水添大豆リン脂質、アルギニン、グリシン、ビタミンCリン酸Mg、D-マンニット、グルコシルルチン、コラーゲン・トリペプチドF、フェルラ酸、アルテロモナス発酵エキス、海藻エキス-1、海藻エキス-5、ソルビット、酵母エキス-1、クロレラエキス、アロエエキス-2、カッコンエキス、ヒアルロン酸Na-2、ゲンチアナエキス、ウマスフィンゴ脂質、キサンタンガム、カムカムエキス、シコンエキス、ミリスチン酸オクチルドデシル、ビタミンCテトラヘキシルデカン酸、ソルビン酸K、エデト酸塩、フェノキシエタノール、粘度調整剤、pH調整剤、香料

こちらはですね、

もう販売ページを見ていただいたほうが早いんじゃないかって気もするんですけど。

モンドセレクションで金賞を受賞している美容液です。

「24時間美白」ということなんですが、

もう「うん…!うん…!」という。(語彙力少なめ)

加えて、美白をサポートする成分として、保湿成分が豊富に配合されています。

 

エマルジョンゲルEX(乳液ゲル)の配合成分

水、BG、トリエチルヘキサノイン、グリセリン、ペンチレングリコール、イソノナン酸イソノニル、スクワラン、ベヘニルアルコール、ジメチコン、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、シア脂、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸グリセリル、カルボマー、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ステアロイル乳酸Na、トコフェロール、アルブチン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、アクリル酸アルキルコポリマー、セレブロシド、ピリドキシンHCl、プラセンタエキス、ミリスチン酸オクチルドデシル、グルコシルルチン、グリチルレチン酸ステアリル、カニナバラ果実油、加水分解コラーゲン、リンゴ果実培養細胞エキス、パルミチン酸レチノール、加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオール、ユビキノン、キハダ樹皮エキス、シクロデキストリン、コーン油、(VP/ポリカルバミン酸ポリグリコール)コポリマー、ヒアルロン酸Na、キサンタンガム、カルボキシメチル-β-グルカンNa、ミルシアリアデュビア果実エキス、ムラサキ根エキス、クダモノトケイソウ果皮エキス、ソルビトール発酵多糖、ザクロ果実エキス、イチゴ種子エキス、トマト果実エキス、アセロラ種子エキス、チオクト酸、レシチン、水添レシチン、水酸化Na、フェノキシエタノール

こちらのゲルは、美白というよりは美肌のための成分配合です。

ビタミン系、プラセンタ、コエンザイムなど、

エイジングケア化粧品に多く配合されている成分がたくさん。

≫≫ラグジュアリーホワイト公式HPへ

 

アンプルールラグジュアリーホワイトを使ってみた

さて、前置きがとっても長かったんですが、一言でこの化粧品。

「すんげぇ美白じゃん!え?良くない?良くないこれ?!」

ということで、ものすごく良かったんですよ、「美白化粧品」として。

でも、エイジングケア化粧品として考えると「もう少し〇〇があれば…」と思う面もあって

そのあたりをガチレポしたいと思います!

アンプルールラグジュアリーホワイト7日間セットに入っているのは

・本品

・洗顔&クレンジングのサンプル

・冊子

中身は4点セットになってます。

さてでは早速使ってみます。

 

ラグジュアリーホワイトの使用感

コンセントレートHQ110(スポット集中美容液)

こちらは新安定型ハイドロキノンを、いちばん高濃度で配合してます。

「スポット」というだけあって、シミのある箇所だけに。

しかも、朝は使用せずに、夜だけ使用する化粧品です。

白濁したジェル状の美容液。

容器の出口が細いので、ニュルニュルっと出てきます。

少しだけ匂いがしますが、部分使いなのでそこまで気にならず。

「ひとつのシミに米粒ひとつ分」が適量なんですが、

そこまでベタベタもしないです。

 

ローションAO2(化粧水)

こちらも少しだけ匂いがありますが、気になるほどではないです。

とろみがちょっとだけあり、馴染みがよくてすぐにサラサラします。

ただ、何て言うんでしょうか。

サラサラすぎて、「化粧水つけてる!」という感じがほとんどありません。

指通りはよ良くなるんですが、これ夏向きでしょうか。

そう思えるくらいに、サラッとします。

 

薬用アクティブフォーミュラ2(美白美容液)

こちらはとっても柔らかいジェルのような美容液。

伸びはとってもいいし、馴染みもいいです。

伸ばしてもすぐにサラサラ。

頬とかシミのできやすい場所に重ねづけするんですが、それでもサラサラ。

非常にライトな使用感です。

 

エマルジョンゲル(美容乳液ゲル)

こちらがスキンケアの最後の手順。

ぽてっとしたジェルです。

柔らかいし、伸びもいい。

このラインの中ではつけてる感は一番強くはあるものの、

それでも使用感は軽いです。

すぐにサラッとなるので、どっしり感はほぼありません。

≫≫ラグジュアリーホワイト公式HPへ

 

ここがダメだった!ラグジュアリーホワイトの不満点

個人的にはラグジュアリーホワイト、とっても良かったんですよ。

こと「美白」に関しては私なりにすんげぇ効果がありましたし。

(効果については次の段でとくとくと述べます)

なんですが、こういうシミ対策って本当に必要としてるのは私世代だと思うんですね。

いわゆる30代以降40代や50代の、エイジング世代ですよね。

それにしては、使用感が軽すぎる!!

 

いや、それはもう、私がドッシリとした使用感を好むというのもあるんですが、

それにしても「使ってる感」がかなり薄いんですよ。

もうサラッサラ。

お風呂前につけて、寝る前には「あれ?つけたっけ?」という。

それでも肌はつっぱらないし、

翌朝の洗顔では何もつけていないときの指通りではないんですけどね。

もう少し油分をくれ!と。思っちゃうんです。

 

ここについては、個人の嗜好の差が大きいです。

夏であればこのサラサラが好ましく思えるんでしょうし、

ドシッとした感じの化粧品が嫌いな方にはビンゴの使用感でしょうし。

 

アンプルールラグジュアリーホワイトの効果

さて、では気になる効果なんですが…。

これ、すっごいいいよ!ものすんげぇいいよ!!

ザッツ美白!これこそが美白化粧品だ!

ちなみに「予防(今後のシミを防ぐ)」としての美白効果は分かりません。

当たり前っちゃあ当たり前ですが。

まずですね。2日目の朝の洗顔後。

これでもう、顔がパッと明るくなってる気がするんですよ。

いやもちろん「気がする」だけかもしれないですけど、

私の実感としては明らかに、顔のトーンが違う!

これはエステに行ったときにちょっと似てるかもしれない。

写真では分かりづらい!

分かりづらいですが、

「シミが目立ちにくくなってる」ってのは分かるでしょうか。

そうなんです、鏡で自分の顔を見たときに、自分だけが感じるこの違和感。

「あれ?なんか変わってる?」

これをすんごく感じるんですよ。この化粧品を使うと。

いやー、語彙力のない自分が悩ましいですけど、使ってみなきゃ伝わらないかもです。

≫≫ラグジュアリーホワイト公式HPへ

 

アスタリフトホワイトVSラグジュアリーホワイト 既存の美白化粧品と比べてどう?

私は以前、アスタリフトホワイトを使ったことがあるんですね。

≫≫アスタリフトホワイトの口コミ!トライアルで実感した肌の変化は

この化粧品も美白化粧品なんですが、とても良くて感動したんですよ。

こんなにいい化粧品があるのかって。

 

このアスタリフトホワイトとラグジュアリーホワイトを比べると、

美白に関しては間違いなく、ラグジュアリーホワイトが上です。

私の実感レベルですが、即断できるくらいにアンプルールが上。

ただ、「エイジングケア」としてはアスタリフトホワイトです。

それは配合成分とか効果とかではなく、使用感の問題です。

 

アンプルールのラグジュアリーホワイトに関しては私、

最後にクリームを付け足したいって欲望にかられるので。

≫≫ラグジュアリーホワイト公式HPへ

 

アンプルールラグジュアリーホワイトのまとめ

あくまでも個人的な感想ではありますが、

ラグジュアリーホワイトよりも美白効果を感じられる化粧品はあまりないかと思います。

それほどに、「なんか変わった」が大きかったし、

何よりも私自身が「薄くなってる?やだ、目立たなくなってるじゃん!」と。

本当にいいのかよ?と思いながら使ってそうでしたから、きっといいはず。

 

(´・ω・`)「美白効果の高そうな化粧品が使いたい!」

はい、この方はラグジュアリーホワイトビンゴです。

(´・ω・`)「夏に使いやすい美白化粧品が欲しい」

はい、この方もビンゴです。

 

使用感が重いものが好きな方は、最後にクリームを足してみてもいいかな。

ラインに1つ付け足す手間をかけてもなお、

「美白」を重視するなら使ってみたほうがいい。

そう思える美白化粧品でした。

トライアルセットから試してみたい方はこちらからどうぞ。

↓↓

ラグジュアリーホワイトトライアルセット

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 肌のお手入れ, スキンケア化粧品, スキンケア化粧品の口コミ