キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

夏の乾燥肌には何をする?原因と対策と使うならこれ!のおすすめスキンケア

      2017/08/07

「夏になるとなんか気分がウキウキする♪」

って思ってたのは若い頃だけで、今はもはやウキウキするのは冷房付きの部屋の中だけです。

とはいえ、夏でも外出する頻度は変わらずにあるわけで、気になるのは肌の状態悪化です。

真夏の日差しは日焼けのことばかり考えてしまいがちですが、

同じくらい考えなきゃなのは「夏の乾燥肌」のことなんですよね。

ここでしっかりとケアしとかないと、冬にエラいことになっちゃう!その前に。

夏の肌についてきちんと知っておかなきゃです。

 

スポンサーリンク

 

夏は乾燥肌になりやすい季節。正しいケアをして汗の季節を乗り切ろう

暑い季節は、汗をかくから肌がベトつく。

湿気が強いから、常に外はムワッとしてる。

だから乾燥とは無縁であるように感じてしまうんですが、夏は乾燥肌になりやすい季節でもあるんですよね。

そして、元々乾燥肌の方は、乾燥傾向が強くなってしまいがちな季節でもあります。

だからきちんとスキンケアをしておかないとダメってことなんですが、

そもそもなんで夏は乾燥しやすいのか?って話ですよね。

 

夏に肌が乾燥しやすい理由は?

乾燥肌というのはご存知のとおり、肌の水分含有量が少ない状態です。

これを通り越すと、敏感肌になります。

水分を保持しているのは、表皮の中の角質層という部分。

厚さは、サランラップと同じくらい。

ここの水分が減っていると乾燥肌になります。

ポイントは、肌の水分量は「水分を保持する機能」によって異なるということ。

バシャバシャと化粧水を肌につけても、保持する力がなければ蒸発していっちゃうんですね。

≫≫顔の乾燥肌をなんとかしたい!30代からの原因と対策

そしてこの角質層は、水分を保持する場所でありながら、肌のバリア機能を司る部分でもあります。

 

年を取ると乾燥肌になりやすいというのは、

角質層の中の「水分を保持する成分」が減少してしまうのが原因の一つ。

それでも、角層のもうひとつの役割である

・肌を外の刺激から守る

・肌内部の水分を蒸発させない

というシャッター機能が正常であればまだいいんですが、

夏はそのシャッター機能が弱くなりやすい季節なんですね。

 

紫外線が強く外出時間が長くなりがち

夏場の紫外線が強いことは言うまでもないんですが、

夏はなにかと外出している時間が長くなりやすい季節です。

日も長いですし、冬に比べると外のレジャーもしやすいですしね。

これはいわば、ずーっと肌に強い刺激を与え続けている状態

 

強すぎる攻撃をずっと受けてしまう肌は、バリア機能が徐々に弱くなってしまい、

水分の蒸発や肌荒れなどにもつながっていきます。

 

室内と室外の温度差

部屋の中はクーラーをかけて快適。

でも、一歩外に出ると強い日差しとセミの鳴き声。

真逆ともいえるこの環境の違いは、肌には間違いなくストレスになります。

この状態は肌バリアの機能低下を引き起こす男性ホルモンが分泌されやすくなるため、

内分泌の問題からも肌のバリア機能にダメージが及ぶことになります。

引用:相澤皮フ科クリニック

 

汗をかくから、の洗顔しすぎ

ちょっと外に出ると、顔から大量の汗!

化粧崩れもはなはだしくて、日中に外に出るのが嫌になるんですが。

汗はそのままにしておいても肌にとって刺激だし、だからといって洗いすぎても負担になります。

┐(´д`)┌「どうしようもないじゃん」

うむ。まさにその通り。

 

夏の乾燥肌対策に必要なものは

じゃあ、夏場の乾燥肌対策には何をすればいいのか?

これは、基本的なスキンケアをしっかりと行うってことに集約されるかと思います。

 

しっかりとしたUVケア

日焼け止めクリームは、それ自体が刺激になることもありますが、

それでも紫外線をダイレクトに浴び続けるよりはマシ。

紫外線の怖さは、肌の老化を早めてしまうということ。

ポイントは、「その場に応じたUVケアを行う」ということだと思います。

≫≫紫外線対策の方法は?年齢肌の正しいUVケア

 

紫外線が強い場所に行くときは、きっちりと適量の日焼け止めを。

適量は思ったよりも多めなので、ウワッ!と思っちゃいますが、

適量&塗り直しをしていないと、規定通りの効果は得られません。

また、日常的なUVケアはパウダーファンデーションで代用できる場合もあります。

ファンデの粉には、紫外線をはねかえす作用があるからですね。

 

ただ、きちんとUVケアをしていても日傘や羽織りものなどを使ったほうが無難。

100%遮断することは難しいですが、できるだけのことはしておきたいところ。

 

保湿成分を取り入れる

水分を保持するため、外部刺激に強い肌にするため、

角質層の水分量を減らさないための成分を、積極的にスキンケアに取り入れましょう。

乾燥知らずのすこやかな美肌には、

セラミド配合化粧品が必須だと覚えておいてください。

引用:『正しいスキンケア事典』吉木信子著

 

夏は肌の機能低下から乾燥しやすい!夏だからこその保湿ケアを

汗ばんで肌がしっとりとしてるので気づきにくいですが、

実は夏って、ものすごく肌のバリア機能が弱くなりやすく、乾燥肌になりやすい季節

だからこそ、しっかりと保湿ケアをしなきゃなんですよね。

というものの、夏にベタつくこってりクリームをつけるのって嫌じゃないですか。

暑いのに、わざわざ不快なスキンケアは嫌じゃないですか。

 

そんなときは、今のスキンケアにちょっとプラスするだけで良いもの。

保湿力のわりに、使用感が重くないものを選ぶといいかなと思うんですね。

 

夏の美容オイル、さらっとした使用感のおすすめはピュアセラ

私はもともと、ガッツリとした重い使用感のものって好きなんですが、

まさに夏!という季節は「ちょっと避けたいかなぁ」と思うんですね。

だって、寝るときにやっぱり髪がへばりつくこともありますし。

そんな「保湿はしなきゃだけど重めはちょっと…」というとき。

じゃあ、美容オイル?

┐(´д`)┌「いやいや、オイルなんてベタつくじゃん?」

と思いきや、このピュアセラオイル

なんとまぁ、オイル?これホントにオイル?なサラッと感なんですよね。

化粧水の前のブースターとして使うんですが、なんせ浸透性のものごっさ高いセラミドを豊富に配合してます。

☆セラミドとは☆

セラミドというのは冒頭に書いてあるように、

角質層の中で水分をガッチリと保持している主成分です。

「保湿をしたいならセラミド!」というくらいの必須成分。

≫≫肌の水分不足を治すにはセラミド!それってなんで?30代からのうるおい対策

そして、肌のバリア機能を担っている皮脂に似ている成分も配合。

水分保持という面でもバリア機能という面でも、使用感という面でも、

夏場には使いやすいかなと思うんですよね。

≫≫ピュアセラ美容オイルの口コミ。効果見てみる?柔肌と保湿がすごかった

 

ピュアセラオイルの使用感と効果

このオイルが

ぬるとこうなって

このような感じに。

肌が柔らかくなって、キメが整っている気がして、そして日中の乾燥も皆無。

ヒッジョーに良いです。

今使っているスキンケアの一番最初にピュアセラオイル。

これだけで、肌の触り心地からまったく変わっちゃうんですよ。不思議なことにこれだけで。

 

このオイルは、乾燥の根本理由であるセラミド不足を解消できるのはもちろんなんですが

オイルでありながら、使用感がサラサラなのも大きなメリットだと思うんですよ。

ブースターとしては、他の化粧品よりも抜き出てるかなと思います。

ワンコインでお試しができるので、気になる方はこちらからどうぞ。

↓↓

(先着300名)ピュアセラ美容オイルを詳しく見る


関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 肌の悩み, 乾燥肌