キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

『シーク』オールインワンゲルの口コミ。朝用夜用試した私が感じたガチ評価

      2017/09/26

『世田谷自然食品』という会社が出している

SEAC(シーク)」というオールインゲルを使ってみました!

こちらの商品、自然派食品を販売している会社が出しているというレアな化粧品。

それだけに「自然派化粧品」というフレコミです。

さてさて、実際に使ってみた使用感や感想などをガチレポします!

目次

・シークの特徴

・使ってみたレポ

≫≫SEACオールインワン公式HPへ


世田谷自然食品「シーク」ってどんな化粧品?

シークの特徴の一つは、夜用と朝用のオールインワンゲルに分かれていること。

トラブルのない健康肌を育むために着目したのが、

「朝と夜の肌の役割の違い」でした。(中略)

夜の肌は、日中受けた紫外線や乾燥ダメージを「整える」働きをしています。

引用:シーク販売ページ

つまり言うなれば、

夜のスキンケアは日中、ダメージを受けた肌を正常に戻す役割があると。

朝のスキンケアは、これからの肌ダメージに備えられるものであるべきと。

 

スキンケア化粧品の中には「夜は美容液をプラスしてね」というのはよくありますが、

シークの場合は、そもそものメイン化粧品自体が違うわけですね。

全くないというわけではないですが、よく見かけるということもない。

加えて「健康食品を扱う会社」ということで、

原材料に関してや品質管理にはかなり気を使っているとのことです。

 

何をもって「自然派」というのか?そこを重視すべきではない

なんとなく「自然派」という言葉が使われていると「良さそう(*´ェ`*)」と思ってしまう。

反射的に良さげ!と思ってしまう。

しかしこれ、なにをもって「自然派化粧品」って言ってるのか?ってことですよね。

化粧品にとって自然のもの(人工的に作っていないもの)が良いとは限らず、

人工的な成分のほうが安全性や効果が高い場合だってあります。

言葉のイメージだけで「自然だから誰の肌にも優しい」と思うのは危険です。

 

で、シークは「自然派化粧品」と販売ページに出ているわけですが、

「どのあたりを指して自然なのか?」は掲載されていないんですよ。

少なくとも、私が販売ページをスクロールする限りでは見つけられませんでした。

だからシークを使おうか悩んでいる場合、

その選択の決定打にするのは「自然派」だからという理由ではダメです。

自然食品の会社が作ったものではあるけども、

化粧品は化粧品として、自分に合うか合わないかという目線で選んだほうがいいです。

≫≫SEACオールインワン公式HPへ

 

シーク夜用オールインワンゲルを使ってみた!使用感や効果はいかに

さっそく、シーク夜用オールインワンゲルを使ってみました!

個人的にシーク夜用の特徴は、コラーゲンの配合かなと。

こちらは販売ページからお借りした画像ですが、

6つのコラーゲン成分が配合されていて、それぞれに役割を持っているという。

3つは浸透させるために、3つは肌表面でパックのような役割を果たすために。

そう、この夜用シークは「化粧水・乳液・美容液・クリーム」に加えて

パックとしての役割を含めたオールインワンゲルになっているんですね!

ふむ。手間が省けて便利である。

 

夜用シークの配合成分

水、グリセリン、DPG、オリーブ果実油、ジグリセリン、ジメチコン、メチルグルセス-10、ベンチレングリコール、PEG-75、水添コラーゲン、加水分解コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、ヒアルロン酸Na、水溶性プロテオグリカン、プラセンタエキス、セラミドAP、セラミドNP、セラミドEOP、シロイヌナズナエキス、メマツヨイグサ種子エキス、ローヤルゼリーエキス、スクワラン、シア脂、ラベンダー油、アルガニアスピノサ核油、アフリカマンゴノキ核脂、ワサビノキ種子油、水添ココグリセリル、トコフェロール、ベタイン、ソルビトール、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、レチノイン酸トコフェロル、フィトスフィンゴシン、クエン酸、グリチルリチン酸2K、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、オクチルドデカノール、ナイアシンアミド、BG、グアイアズレンスルホン酸Na、ポリソルベート60、エチルヘキシルグリセリン、kルボマー、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、(アクレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ジメチコンクロスポリマー、ベヘニルアルコール、フェノキシエタノール、水酸化K

コラーゲンについては前述したとおりなんですが、

セラミドの配合や油分系の成分も豊富です。

エイジングケア世代向けっぽい配合の仕方という印象です。

 

夜用シークの使用感

これはお試し用なので、通常サイズよりも少し小さめ。25gです。

ゲルという名の通りプクッとしたテクスチャで、スパチュラがついてます。

全然関係ない話ですけど、スパチュラを最後まで使い続けた記憶がないです。

途中で面倒になっちゃうんですよね。ダメなんでしょうけど。

肌にのせてもプクッと感が伝わるはず。

いわゆる「ゲル」という感じで、匂いがあります。

野草というか花というか、そういう匂いですが、嫌になるほどではないです。

伸ばすとこんな感じに。

「よく伸びる」というほどではない。

ただ「伸びが悪い」というほどでもない。

肌にのせると馴染むというよりは「表面を覆う」という感触が強いように思いました。

というのも夜用シーク、パックの役割もあるんですよね。

なんというか、それほど重たい使用感ではないのに覆われている感覚。

嫌ではない。

嫌ではないんですが、あえて言うならシークを付ける前にもう1ステップ欲しいかなと。

 

翌朝も乾燥した感じはありませんし、油分が残っている感じすらあります。

でもなぜか「これ一つだけでいいのかな?」という不安が残っちゃうんですよね。

私がドッシリした使用感を好むというのもありますが、

例えばコンシダーマルのように、一本で満足できるほどの使用感ではありません。

うーん、どうだろう。

30代前半とか、軽い使用感が好きとか、旅行用とか。

そういう場合は使いやすいのかもですけど。

≫≫SEACオールインワン公式HPへ

 

 

朝用シークを使ってみた!化粧下地として優秀だ

お試しセットで「朝用と夜用セット」というのがあったので、

朝用シークも使ってみました!

結論から言うと、私は朝用シークのほうが好みですし使いやすいと思いました。

朝用シークの特徴はこちら。

夜用シークと同じくコラーゲンの配合があるんですが、

それよりも「紫外線防止成分をカプセルの中に入れた」というのが最大の魅力かなと。

そうなんです!

朝用シークは、「ゲル+化粧下地+日焼け止め」がオールインワン

和洋折衷的な。そんな感じでございますな。

 

朝用のスキンケア化粧品である以上、変に日焼け止め成分が入って肌刺激になったら嫌じゃないですか。

でも、朝用のスキンケアでUVケアまでできたら楽じゃないですか。

「肌に優しいUVケアをオールインワン」してくれるとね、楽です。

≫≫SEAC夜用オールインワン公式HP

 

朝用シークの配合成分

水、グリセリン、プロパンジオール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、トリエチルヘキサノイン、ジメチコン、ペンチレングリコール、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、グリコシルトレハロース、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、セラミドNP、ユズ果実エキス、ローズマリー油、オレンジ油、オニサルビア油、ニオイテンジクアオイ油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、ローマカミツレ花油、オウゴン根エキス、ミルシアリアデュビア果実エキス、アセロラエキス、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、加水分解水添デンプン、トコフェロール、クエン酸、レチノイン酸トコフェリル、PEG-40水添ヒマシ油、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、エチルヘキシルグリセリン、ステアリン酸グリセリル、グリチルレチン酸ステアリル、ヒドロキシアパタイト、シクロペンタシロキサン、ステアリン酸PEG-150、ジメチコノール、BG、ベヘニルアルコール、シリカ、フェノキシエタノール、ポリシリコーン-14、メタクリル酸メチルクロスポリマー、(ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー

紫外線吸収剤の成分である「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」が配合。

「SPF23/PA+++」ということで、

夏の海や冬の雪山にはちょっと不安かもですが、日常使いには充分です。

 

朝用シークを試してみた!使用感はヨシ、化粧ノリもヨシ

さてではさっそく、朝用シークを使ってみました!

適量は1円玉大ということで、少し多めです。

日焼け止めの機能を果たすためにということですね、きっと。

化粧下地と日焼け止めの機能が入っているので、

オールインワンゲルにしては少しマットな感じのテクスチャです。

ちょっとコッテリとした感じ。

「あー、日焼け止めが入ってるなー」と分かる感じです。

夜用シークと同じく、少し野草っぽい匂いがします。

伸ばすとこんな感じに。

下地として、色むらをなくす効果がそこまであるようには思いませんでした。

伸び具合も、一般的なレベルだと思います。

でもねでも。

化粧ノリはとってもいいですし、日中の乾燥も感じませんでした。

朝は夜に比べて、スキンケアだけじゃなくメイクをするからかもですが、

これ一本で全然いいじゃん!と思ったんですよ。

3ステップ後の化粧下地と同じくらいの満足度でした。

 

世田谷自然食品のシークは結局どうなのさ?のまとめ

あくまでも私の年代(アラフォー手前)で、ドッシリ好みという前提ですが、

夜用シークに関しては、これ一本ではちょっと物足りないかもです。

例えばピュアセラオイルのようなブースターオイルを事前に使うのなら別ですが、

これからさらに肌が変化していくのに、これ一本はちょっと不安。

どうしても夜にオールインワンなら、コンシダーマルほうが満足度は高い。

何かプラスするといいかもですね。

一方で朝用のシークは、使う価値アリだなと思いました。

満足度高めです。

 

シークはどちらかというと夜用がメインで売り出されていて、

朝用のほうは付け足しのような位置づけなんですよね。なんとなく。

もちろん夜用シークも、好みによっては使いやすいのかもですが、

「おっ?これいいじゃん」になるのは朝用シークじゃないかな。

オールインワン商品には珍しく、シークは朝用も夜用もお試しセットがあるので、

気になる方はぜひトライアルから使ってみてください。

≫≫≫≫SEAC夜用オールインワン公式HPへ

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 肌のお手入れ, スキンケア化粧品, スキンケア化粧品の口コミ