キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

キレイは心からもきっと作られてる。生活に「なんかステキな私」を見つけよう

      2017/11/28

私はアラフォーに片足突っ込んでる年齢なんですが、

この年になってやっと「キレイは精神状態でも作られる」と実感してきました。

例えば、1人の時間の過ごし方。食事の献立。今日の洋服。

「気の持ちよう」って言葉がありますが、それは「美しさ」にも言えること。

なんて言うとものすごくキレイゴトのようですが、

そのキレイゴトが自分の美しさにも少なからず作用してるっていう。

スポンサーリンク

 

理想の生活を求めてみる。「ちょっといい」がキレイな雰囲気を生む

元来、モノグサな私。

袋ラーメン作っても、「1人だから鍋のまま食べちゃえ!」ズルズル。

洗濯物も「どうせ着るんだから、たたまなくていいや!」グチャグチャ。

雑誌に出てくるようなオシャレな生活に憧れはあるものの、

それが自分にできるとは思えないし、やる気もそんなにない。

自分をキレイにするものは、化粧品やエステなどの「物理的にきれいになるもの」だけだと思ってました。

 

美容に目覚めた30代。

いろんな本を読み漁って思うのは、どの本にも「時間の過ごし方」の記述があること。

「朝起きて、大好きな飲み物で一息つきましょう」

「お風呂に好きな匂いのアロマを使って、安らぎを」

どれも落ち着くのは分かるけど、それと肌の綺麗さは違うんじゃないの?と。

安らぐよりも、美容液しっかりつけたほうがいいじゃん!と。

 

転機になったモノ。「人間の感情パワーは大きい」らしい

転機になったのは、以前に見たテレビでの一コマ。

人間の体は実はとっても単純で、思ったように体が動いちゃうんだ。

「できる!」と思えばできる体になるし、「できない!」と思えばできない体になる。

同じようなことを『松本紳助』という番組でもやっていて、こういうふうに指に力を入れてですね。

もう一人が、くっついた指を離そうとするわけですね。

女の私が「私は女です」と言いながらだと、離れない。

女の私が「私は男です」と言いながらだと、スポッと離れちゃう。

(・∀・)「ほら、人間の脳なんてこんなに単純なんだ」

(・∀・)「嘘をついてると力が出ないんだぜ」

心の持ちようというか、「何を思っているか。感じているか」によって力加減も変わる。

 

じゃあ、「なんかちょっと最近の私いい感じ」と思うことで、変わるんじゃないかと。

顔の造形は変わらないですが、雰囲気なり肌質なりは変わるんじゃないかと。

んで、雑誌の中のステキな生活をしているあの女性たちが、

そこまでキレイな顔じゃない人でも素敵に見えるのは、だからじゃないかと。

うむ。ちょっと失礼ですが。

 

スキンケアは土台。その力を120%発揮できるのは気持ち

食事とスキンケアは、土台になる部分です。

バランスの取れた食生活と、自分に合ったスキンケアは欠かせない。

でもその効果を120%発揮するためには、気持ちが大事だと思うんですね。

それは「やったるぜぃ♪」みたいな体育会系のノリじゃなくても

「なんか良いよね」っていう、ほのぼのした感じでいいと思うんですよ。

 

「私、なんか充実してるよね」って自己肯定感は、雰囲気にあらわれます。

「私、なんかオシャレだな」って気持ちは、雰囲気にあらわれます。

ピアスだったり器だったり、靴だったり香水だったり、

なんでもいいから一つだけ、「なんか良い」を見つけるとキレイになる気がする。

 

私の場合は洋服

私の「なんか良い」は洋服でした。

いいなーと思っていても、今まで気恥ずかしくて着れなかったものを着るように。

(・∀・)「今日の私、なんか良くない?」

完全に自己満足からのはじまりですが、なんていうか背筋が伸びるというか。

「オシャレですね」と言われると嬉しいし、「どこの服?」と聞かれると後でほくそ笑む。

背筋が伸びるようになります。

良い意味で、人の目を気にするようになります。

見られてるかもだから、もっと肌もキレイにならなくちゃとスキンケアにも熱がはいる。

独りよがりだと思うけど、いいんですよね。30代からの美容法の一つですきっと。

 

あれもこれもは疲れる。「気分いい」を目指す

リピートしますが、私モノグサなんですよ。

だから雑誌の女性の生活は、できません。

毎週ホームパーティーなんてストレスでしかないですし、お皿もニトリですし。

ステキだなと思うものを全て取り入れるのは疲れちゃうので、どれか一つ。

自分にとって「気分いい」を取り入れていくようにしています。

 

クレンジングで気持ちいい

キキメイトのクレンジングジェル。

使った瞬間の匂いがものすごく良くて、「あー気分いい!」って思う。

≫≫kikimateキキメイト クレンジングジェルを使ってみた口コミ。使用感バツグン!だがすすぎ回数に注意

 

夜の大好きな飲み物で気分いい

季節問わず、大好きな甘酒。

夜の一人の時間にほっこりしながら飲むと、いい生活をしている気分になる。

≫≫甘酒が美肌や美容にいいってホント?気になる効果とおいしい甘酒レシピ

 

たまにのスペシャルマスクが気持ちいい

肌のためってのもありますが、私の場合、

「肌に良いことをしている自分がステキ」と思うことにも効果があるかなと思ってます。

顔にマスクをつけて、「はー♪」って言ってる10分間。

いろんな考え事してるこの時間、けっこう自分のナルシシズムに浸れます。

おすすめはフラビアのナタデココマスク。

≫≫フラバンジェノール配合化粧品フラビアの口コミ。高コスパな効果を見よ!

 

30代からのエイジングケアに「生活習慣」は必須

適度な運動をしなければいけない。

バランスの取れた食事をしなければいけない。

こういう「〇〇しなければ」はたくさんあって、それはきっと正しいのだろうけど。

美容のことを考えてばかりでは生きていけないので、

他のいろんなことにもまれて、できないことが増えてくるんですよね。

仕事もあるし、家事もあるし、子育てもあるし。

それでも30代からのエイジングケアに、良い生活習慣は必須です。

 

ただそれは、「しなければいけないからしている」では続きません。

ポイントは、「それをしている自分をステキだと思うかどうか」だと思うんですよ。

きちんと運動している自分が好き、とか。

野菜をたくさん使った料理を作ってる自分が好き、とか。

そういう「自分が好き」という肯定感はきっと、美容効果がバツグンなんですよね。

なんでもいいからまずは一つ。

「なんか私、イケてる?」っていうのを増やしていくと、きっと劇的に変わるんだろうと。

思ってるところ。

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 美容コラム