キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

デルメッドリンクルクリームを使ってみた。部分使いにもおすすめ!使用感の口コミ

      2017/12/26

三省製薬のデルメッドから、リンクルクリームというエイジングケアクリームが発売されました!

ハリと潤いのクリーム』ということで、乾燥が気になる季節には、

とっても頼りになるクリームじゃないでしょうか。

サンプルをいただきまして、使ってみたので口コミレポしちゃいます。

スポンサーリンク

 

デルメッドリンクルクリームを実際に使ってみた口コミ

いただいたクリームは2回分。

使用順序としては『化粧水→エッセンス→リンクルクリーム』と、

スキンケアの手順の最後に使います。

今回のサンプル、デルメッドのローションとエッセンスも同封されてました。

ラインで試せるよってことですね。嬉しい。

デルメッドのローションや美容液については、以前にお試しセットを使ったことがあるんですよね。

≫≫三省製薬「デルメッド」化粧品の口コミ。2ステップでも満足できる理由とは

2ステップと、一般的なスキンケア化粧品にしては少ないんですが、

それでもガッツリと満足できる化粧品でした!

そんなデルメッドの特別ケアに位置するクリームなので、期待度は自ずと高くなるよねって話で。

 

デルメッド リンクルクリームの特徴

リンクルクリームにももちろん、美容成分はかなり多く含まれているんですが、

(コエンザイムや海燕エキスなど、他ではあまり見ない成分も)

一番の特徴といえば『セラムバイタル配合』というところでしょうか。

(´・ω・`)「セラムバイタルってなんだよ?」

セラムバイタルというのは、ローズマリーエキスのことっていうと聞き馴染みが出てきます。

≫≫化粧品成分『ローズマリー葉エキス』

保湿力や美白効果があることで有名な成分です。

わりと多くの化粧品に配合されているので、そこまで珍しくはないかもです。

この成分の注目すべき点はここ。

こちらデルメッドの公式HPから画像をお借りした、セラムバイタルの働きの図。

セラムバイタルを配合することで、幹細胞の増殖率がアップしたよと。

じゃあ、幹細胞ってなんだよ?って話ですね。

 

幹細胞って何?

幹細胞コスメってことで、一時期話題でした。今もかな?

≫≫エトヴォスバイタライジングラインの口コミ。幹細胞化粧品の効果を見よ!しっかり目の使用感はアラフォー向けだ

再生医療にも使われているもので、細胞の元になる細胞のこと。

絶えず入れ替わり続ける組織を保つために、失われた細胞を再び生み出して補充する能力を持った細胞

引用:厚生労働省『ヒト幹細胞情報化推進事業』

何にでもなれる細胞なので、もちろん肌細胞になることもできるという。

ふつう、幹細胞化粧品は培養液から抽出したエキスを使っていて、

直接的にではないけど、幹細胞を増殖させる効果が期待できるよって成分です。

 

「幹細胞を増やすために特化した化粧品」がある中で、

セラムバイタルは、例えば美白化粧品や保湿化粧品などのエイジングケアに配合されてるわけですが、

それだけで幹細胞の増殖率を上げちゃえるんですね。

スグレモノです。

 

デルメッド リンクルクリームの配合成分

有効成分:グリチルリチン酸2K

その他の成分:ローズマリーエキスヒヒラギギク抽出液、イトマキヒトデ抽出液、クミンエキス、ユビデカレノン、コーヒーエキス、茶エキス-1、ヒアルロン酸Na-2、オレンジ油、ラベンダー油、ローマカミツレ油、エタノール、キサンタンガム、クエン酸トリエチル、軽質流動イソパラフィン、水酸化Na、ステアリン酸、セタノール、濃グリセリン、シクロペンタシロキサン、ペンチレングリコール、BG、ビタミンE、フェノキシエタノール、ベヘニルアルコール、ポリアクリルアミド、POEベヘニルエーテル、POEラウリルエーテル、POE硬化ヒマシ油、ミリスチン酸オクチルドデシル、ジメチコン、流動パラフィン、ワセリン

太字部分が、販売パンフレットにも書いてある美容成分です。

こちら医薬部外品です。

 

デルメッド リンクルクリームを実際に使ってみた!使用感は?のレポ

さて、ではさっそくデルメッドのリンクルクリームを使ってみました!

サンプル用なので、0.5グラムがパウチに入って1回分です。

中身はこんな感じ。

ほのかーにピンクが入ったようなクリーム。

匂いはほとんどなくて、鼻を近づけても化粧品の匂いはしません。

クリームにしては少し固めかなっていう印象です。

ちなみに、1回分の全量はこのくらい。一度にこのくらい使えと。

わりとコッテリしたクリームなので、多めかなと思う。

しかしまぁ、つけます。

伸ばすとこんな感じ。

適量が多めなので良く感じちゃうけど、伸び自体はそこまで良くないと思います。

しっかりとしたつけ心地なので、「THE保湿!THEエイジングケア!」って感じ。

私はどっしりしたクリームが好みなので、こういうしっかり具合は大好き。

ですが、軽いのが好きな方でも、そこまで嫌な方はいないんじゃないかな。

だって、どっしりクリーム特有の「油っぽさ」はあんまりないから。

翌朝は言うまでもなくモッチリです!

 

で、結局デルメッドのリンクルクリームはどうだった?まとめ

全体的な使用感としては、一定の年齢以上の方に向いてるかなって印象です。

デルメッドの冊子にのってるのは、40代より上の方が多いですし、

特にリンクルクリームのどっしり感は、20代では重すぎるのかなとも思います。

ただ、若い年代でも部分使いにはすごくいいんじゃないかとも思うんですね。

目元とか口元とか、特に乾燥しやすい部分がある方には、頼りになる存在です。

なんせ、かなり守られてる感が強いですから。

 

デルメッドのライン自体は、そこまで重い使用感ではないです。

でも、リンクルクリームが入ることによって「エイジングケア」色が濃くなります。

リンクルクリームと合わせて、デルメッドの基本ラインのレポもどうぞ。

≫≫三省製薬「デルメッド」化粧品の口コミ。2ステップでも満足できる理由とは

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 肌のお手入れ, スキンケア化粧品, スキンケア化粧品の口コミ