キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

肌の老化、始まってる?食い止めるための対策3つ

      2016/02/24

夏の紫外線

肌の厄年って知ってますか?

厄年ってあの厄年です。

肌の厄年は「28歳・35歳・42歳」。

いつもと同じようにスキンケアをしているのになんだか調子が悪い。

そういうふうに感じるのもこのくらいの年齢ではないでしょうか。

 

主婦困った

28歳の時はどうだったか分からないけど、

今思うとその時からケアしとくんだったな…

私31歳だから、あと4年後に次が来るのね^^;

肌の老化って何なんだろね、ヤダねー

 

スポンサーリンク

 

肌の老化ってどういうこと?どんな症状が出るのか

老化が進んでいる肌は、

  • 新陳代謝(ターンオーバー)の周期が遅くなる
  • ダメージを修復する成長ホルモンの分泌が減少
  • コラーゲンなどの肌の成分が減少

など、目には見えないけど肌の中では変化しています。

こんな変化によって、

「しみ」「シワ」「たるみ」「くすみ」などの

症状が生まれていってしまいます。

 

肌の老化は、人間が歳を取る以上仕方がないこと。

若返られる人がいないように、

肌の老化自体をなかったことにすることができません。

ですが、肌の老化を最小限に防ぐことは努力次第でできます。

 

肌の老化防止に紫外線対策

光による肌の老化を「光老化」と呼びます。

光老化は紫外線による害の1つ。

肌老化の原因の80%が紫外線だと言われているほどです。

紫外線対策を万全にすれば、その分肌老化を防ぐことができます!

 

紫外線対策についてはこちらからどうぞ。

→→紫外線対策の方法は?年齢肌の正しいUVケア

 

肌老化の対策には保湿ケアも必要

年をとると、コラーゲンやエラスチンなど、

肌の弾力と水分保持を担っている成分が減少していきます。

これらの成分の減少が、シワやたるみにつながっていきます。

 

大切なのは水分をどんどん取り入れることではなく、

水分を保持する成分を生み出す成分を摂取すること。

コラーゲンの増やし方の詳しくはこちらからどうぞ。

→→シワ対策には保湿!の間違い。シワには潤いよりも弾力を

 

肌にいい栄養バランスの食事をしよう

肌に直接つける化粧品とは違い、

日々の食事の内容についてはわりと無意識になりがちです。

でも食事って、肌を作る元になる部分

肌を健康で正常な状態で維持するためにはとっても大事なんです。

 

例えば、ビタミンが不足していればシミができるかもしれないし、

吹き出物が多いときは脂分の摂り過ぎかもしれません。

食事についても軽視せず、バランスの良い物を心がけましょう。

肌にいい食事って?はこちらからどうぞ。

→→

 

ポイント

ポイントは…

●肌の老化は、最小限に防ごう

●紫外線対策、保湿、食事が老化防止のキモ

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 肌の基礎知識 ,