キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

急に敏感肌になった!年をとって肌が弱くなる原因と対策法

      2017/09/25

水のイメージ

「ずっと使ってた化粧品なのに急に肌がかぶれるようになった」

「最近、肌にすぐ赤みが出るようになった」

敏感肌は元々の体質によるものもありますが、

人によっては、年をとって急に敏感肌になることもあるんですよね。

 

年齢とともに肌が敏感になってきたと感じているなら、

もしかするとそれはセラミド不足かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

年齢肌で敏感肌?急に肌が弱くなる原因は

セラミドは、肌の水分を守る保湿成分の1つ。

詳しくはこちらからどうぞ。

→→顔の乾燥をなんとかしたい!30代からの原因と対策

 

セラミドが失われると、体の水分の80%はなくなってしまうと言われているほど、

水分保持には欠かせない美容成分の1つです。

セラミドが失われて水分が不足してしまうと、

肌のバリア機能が失われていき、外部刺激に弱い肌になります。

それが敏感肌になってしまうんですね。

つまり、ある日突然敏感肌になってしまう原因の一つには、「水分不足」が関係しているという。

 

「急に敏感肌」の正しいスキンケア方法

では、「急に敏感肌」になってしまった場合の、

正しいお手入れの方法はどんなものがあるのでしょうか。

いくつか考えてみましょう。

 

セラミド配合の化粧品を使う

「急に敏感肌」の一番の問題点は肌が乾燥していること

乾燥を補うためには、セラミドが配合された化粧品を使うのが近道です。

セラミドの他には、最近ではライスパワーを使った化粧品もあります。

→→ライスパワーって肌にいい?美肌と乾燥の効果は

お米から抽出された成分であるライスパワーは、

セラミドを増大させる効果がある、医薬部外品。

厚生労働省から認可を受けている成分です。

 

また、「敏感肌用」「セラミド配合」と2つを兼ね備えた化粧品も。

→→敏感肌用化粧品の口コミ。抗酸化化粧品としても使える!

 

クレンジングは刺激の少ないものに変える

クレンジングは、お手入れの中で肌への刺激が最も強いもの。

刺激の強いものを選んでしまうとそれだけで、

肌へのダメージが蓄積されて敏感肌になってしまうことも。

こちらを参考に、刺激の強くないものを選んでみてください。

→→メイク落としの選び方って?30代からのクレンジングの使い方

 

ファンデーションは肌に優しいタイプを選ぶ

ファンデーションの成分表示を見てみると…

リキッドファンデーションやクリームタイプのファンデーションには、

「界面活性剤」「防腐剤」の文字が。

水分を含むタイプのファンデーションには、こういった成分が配合されています。

 

形状と用途を考えると仕方がないことですが、

刺激に弱くなってしまった肌には、少し強すぎる場合もあります。

そんなときは、パウダーファンデーションがおすすめ。

パウダーファンデーションは日焼け止め代わりになることもあるので、

「日焼け止めを塗るほどではない」というときには一石二鳥です。

 

特に肌が敏感になったときは保湿中心に

水が肌につくだけでも、肌がピリピリと痛む。

そんなときには、保湿中心のシンプルなスキンケアにしましょう。

このときは化粧水は省いて、クリームや乳液だけのケアにしても大丈夫です。

 

UVケア用品は肌への刺激になるので避けたほうが無難。

日焼け止め化粧品もしばらくお休みを。

どうしてものときのお化粧は、

パウダーファンデーションかフェイスパウダー(粉おしろい)を。

ポイントは…

●年齢を重ねると、急に肌が敏感になることもある

●セラミド不足(水分不足)が原因になっていることも

●正しいスキンケア方法を試してみよう

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 肌の悩み, 敏感肌 ,