キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

オールインワンジェルだけにしたい乾燥が気になる30代はベタつきを我慢すべきである

   

そもそも人によって化粧品への考え方ってそれぞれなんですが、だいたい共通しているのがこれ。

「オールインワンだけで大丈夫なの?」

化粧水、美容液、クリームの3役。場合によっては6役兼ねている商品もあるくらい。

一つ使うだけで本当に大丈夫なのか?と。

プリップリの肌の若い世代ならともかくとして、30代以上の肌にこれで大丈夫なのか?と。

30代以上でオールインワンだけを使っていきたいと思うのであれば、少なくともベタつきくらいは我慢しようぜって話です。

スポンサーリンク

 

30代からの肌にオールインワンジェルってどうなの?乾燥とベタつきについて

肌の質は、年齢によって大きく変わっていきます。

もちろん個人によっても変わりますが、年齢による変化ってかなり大きいんですね。

30代から40代にかけて、肌は確実におとろえていきます。

・肌の水分保有量が減る

・皮脂の分泌量が減る

肌の水分保有量が減る→乾燥気味に。

皮脂の分泌量が減る→乾燥&外部刺激に弱く。

いわゆる「トラブル肌になりやすい」っていうのが、30代からの肌の特徴なわけですね。

 

そして「エイジングケア化粧品」と呼ばれる化粧品の多くが、足りないものを補う成分を配合しています。

水分の保有量が減っているのなら、保有できる成分をっていうふうに。

プラスして、「シミ」「シワ」などピンポイントで対応できる成分が配合されていることも。

で、オールインワンがどうかというと、基本的には乾燥対策メインなんですね。

美白成分が入っていることもありますが、あくまでも「予防美白」としての配合が多い。

もちろん、30代からは予防美白ってものすごく大切なものです。

≫≫予防美白を考える年齢になった。私たちは防ぐことにも重きを置くべきかもしれない

ですが、オールインワンジェルだけを使っていきたいと思う場合、メインになるのは乾燥対策。

 

オールインワンジェルのベタつきは必要な油分である

私は今までにいくつかオールインワンを使ってるんですね。

イシュタール

シーク

RF28ミラクルワンリッチ&モイスト

どれもそれなりに、使った後にベタつきを感じるものです。多かれ少なかれですが。

ドッシリした使用感が好きな私としては、物足りないと感じることもありますが、油分の配合はオールインワンと切っても離せないかなと思ってます。

水溶性のものを配合しづらいっていうのもあるかもですが、乾燥対策メインですしね。

そもそも、肌の水分を保有する役割を持っている成分は油分だからです。

 

肌の水分を保持する成分は油分

肌の内部では、脂質が水分を挟むようにして保持しています。

水分を保持する代表的な成分として「セラミド」と記載してますが、セラミドも油分です。

上記の図のような状態を「ラメラ構造」と呼びますが、これが正しく重なっていると水分たっぷりの弾力ある肌になるわけですね。

イシュタールなどは、ラメラ構造を意識した配合になってます。

 

オールインワンで乾燥するのを防ぐにはベタつくくらいでちょうどいいと思う件

オールインワンにもいろんな使用感がありまして、中にはサラサラとした使い心地のものもあると思うんですね。

揮発性のある成分を入れていることもあるかもしれないですし、保湿成分として油分ではなく植物系のエキスを入れてることもあるかもしれない。

でも、ど真ん中からエイジングケアをしようと思うのであれば、ベタつくくらいは我慢しようぜ。

 

だってですよ。

・肌の水分が減っている

・皮脂の量も減っている

この状態の肌に足りていないのは、肌の水分と適量の皮脂なわけですよ。

じゃあ、肌の水分を保持するための成分と皮脂の代わりになるような油分が必要じゃないですか。

もちろん、ベタつきは歓迎するようなものではないけども。

ひどすぎるベタつきは、過度に油分が配合されているって場合もあるけども。

「ベタつく」だけを理由にして化粧品に評価をくだすのは、ちょっとなぁと思うわけですね。

 

(´・ω・`)「保湿力はあるけどベタつきがまったくない」

こういう化粧品に関しては、往々にして「物足りない使用感」になりがち。

(´・ω・`)「保湿力はないけどベタつきがスゴイ」

こういう化粧品は、使用感が悪くて使いにくい。

保湿力とベタつきのバランスが取れてる商品は、多少のベタつきこそキモになってるかもですしね。

 

オールインワンジェルをべたつかないようにするには?べたべた対策2つ

とはいうものの、私だってベタついて欲しいと思ってるわけではないです。

髪の毛がへばりつくほどのベタつきは勘弁してほしいですし、時間がたってもベタつき続行されるようなものはイヤですし。

さて、じゃあどうすればベタつきを最小限にすることができるのか?

私がしている「ちょっとした一手間」の紹介です。簡単だけどけっこう効果ありです。

 

オールインワンは少量ずつ使え!

例えばこちらは、RF28ミラクルワンリッチ&モイストというオールインワンの使用量の目安。

朝はともかくとして、夜はさくらんぼ大。

このオールインワン、めちゃくちゃ伸びがいいので、規定量をそのまま使うとベタベタになるんですよ。

その場合はですね、規定量を小分けにして複数回使います

( ー`дー´)「オールインワンを何度にも分けたら、オールインワンじゃないじゃんか!」

「一度でスキンケア完了!」というオールインワンのメリットは打ち消しちゃいますが、かなりベタつきは減ります。

私の場合は、1度目と2度目で1時間ほど時間をあけることもありますが、なんでしょう。

感覚的には保湿感が増している気がします。

 

ハンドプレスは必須!じっくりやるとべたべた半減

そしてハンドプレスは必須!

じんわりと浸透させるように手のひらでプレスしていくと、ベタつきがかなり薄まります。

同時に手の体温で、肌の内部に入り込みやすい状態になるとも言われてますしね。

忙しい中でも、数秒ほどは時間をかけておきたいところです。

 

それでもベタつきが気になるという場合は、ティッシュペーパーを使って表面の油分だけ軽くとってもいいかもです。

拭き取るのは良くないですが、押さえるくらいで軽くなら問題ないかなと思います。

 

まとめ

オールインワンにもいろんな種類があるので一概には言えないですが、多少のベタつきは乾燥対策には仕方ないです。

もし使っていて自分なりに効果を感じるのであれば、ベタつき対策をしてみるといいかもです。

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 肌のお手入れ, スキンケア化粧品