キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

基礎化粧品を変えるきっかけやタイミングは?肌荒れしないための方法とは

   

私は基礎化粧品をいろいろ試してみるのが好きなので、使っている化粧品の種類は定期的に変わります。

気に入った場合はけっこう長続きしますが、それでも「数年間同じ」ってことはほとんどないんですよね。

おそらく多くの方もそんな感じで、「化粧水を使いだしてから、一度も浮気してない」みたいな人はかなり少数派じゃないかなと思います。

さてそれでも、化粧品を新しくするっていうのは、けっこう勇気がいるものなんですよね。

「きっかけは?」「タイミングは?」などなど、肌荒れしないための化粧品の変え方です。

スポンサーリンク

 

基礎化粧品を新しいものに変えたい!肌荒れしないタイミングときっかけ

肌質って、変わらないようで実はけっこう変わっていっています。

加齢による水分量や皮脂の分泌量だけではなく、乾燥具合や肌トラブルの頻度まで。

環境や気候によっても変わるので、定期的な見直しが必要と言われています。

特に実感するのは35歳以降、肌に対する悩みってどんどん変わっていくんですよね。

もっとも気になるポイントが変わってくるというか。

例えば私、以前までは一番気になっているのはシミだったんですが、今ではたるみのほうが気になる。

もしかしたら、半年後はもっと違うものが気になってるかもですしね。

 

こんなふうに肌の悩みはもちろん、肌質も実は変わっていて、そのときに合った化粧品を使おうぜっていう。

でも、基礎化粧品を変えるのって、なかなか勇気がいるものです。

今使っているものを「良くない!」って思えない以上は、不安がありますよね。

・肌に合わなくて肌荒れしちゃったら?

・せっかく買った新しい化粧品が合わなかったらもったいない…

それでもやっぱり、自分がそのとき一番肌に求めているものに見直していくべきだと思うんですね。

さて、そんなときの変えるタイミングは?

 

基礎化粧品を変えるタイミングはいつ?

新しい化粧品を試すで、もっとも良いと言われているのはエストロゲンの分泌が多いとき。

(´・ω・`)「だからそれっていつだよ」

「卵胞ホルモン」というのがエストロゲンのこと。

生理が終わってから、排卵までの間にグイグイ増えていきます。

この時期は肌の調子が良く、肌トラブルが出にくいとき。

≫≫若々しい肌を保つためには?エストロゲンと成長ホルモンが必要な理由

 

女性が新しい化粧品や、特別なケアをするとき、エステに行くタイミングなどはこのときです。

逆に排卵期以降の、黄体ホルモン(プロゲステロン)が増えてくる時期は、新しいモノを試す適性時期ではありません。

この時期は、とにかく保湿をしてガマン。

敏感肌の方や、肌トラブルが出やすい方はこの時期は避けるようにしてみてください。

 

基礎化粧品を変えるきっかけは?私の場合はこう考える

・今使っている化粧品に効果が感じられなくなったとき

・季節の変わり目

・肌の衰えを感じたとき

・他の人に「これがいい!」とすすめられたとき

・肌に合わなくなったとき

私の場合は、季節の変わり目や、肌に対する悩みが変わったときに基礎化粧品を見直すことが多いです。

価格帯的に、続けるのがしんどくて変えたこともあります。

あとは、ミーハーなので気になる化粧品があったら試しちゃいます。

最近はトライアルセットでリーズナブルなものも多いですし、単品のものなら今の化粧品に付け足すだけなので気楽だし。

≫≫スキンケア化粧品トライアルセット金額別一覧

 

朝日新聞の調査によると、「化粧品の選び方」について、

・化粧品ブランドを変えたことがある:96.4%

その理由はだいたい上記にあげたものがほとんどで、ライフスタイルの変化によって価格帯や素材、ブランドの変更をしているようです。

 

もっとも変えるべききっかけは「肌に合わなくなった」

これってつまり、肌トラブルだけではなく「今の化粧品では自分の悩みを解決できなくなった」ということかなと思います。

(´・ω・`)「最近、肌の調子がちょっと悪いかも…」

そう感じ始めたら、そのときが化粧品の変えどきなのかもです。

 

肌荒れせずに基礎化粧品を変えるには?

「新しい基礎化粧品、効果がなかった…」

これは、出費が悲しいながらまだ良いとして、一番イヤなのは「肌に合わなくて肌荒れしちゃった」

これを避けるためにはどうしたらいいか?ってことですね。

肌が弱い方にとっては、けっこう切実は悩みじゃないでしょうか。

 

基礎化粧品は一つづつ変えていく

一気にラインすべてを変えてしまうのではなく、一つづつ変えていくのが、肌荒れを防ぐポイント。

というよりも、「自分の肌には何がダメなのか?」っていうのを知る機会にもなります。

 

基礎化粧品を変えるなら行程の最後から

こちらはエステサロンに行ったときに聞いたんですが、今使っている化粧品を変える場合。

化粧水から変えるのではなく、一番最後に使うクリームや乳液から変えたほうが肌への刺激は少なくなるとのこと。

スキンケアの行程の最後から変えて、しばらく使ってみる。

それで肌トラブルがなかったら、その次に最後から二番めの化粧品を変えてみる。

肌への影響はすぐに出てくるとは限らず、しばらくたってから出てくることも多いです。

一つづつ変えて、そのたびに1週間くらいは使ってみるようにすると安心です。

 

まとめ

私の肌って、通常時はノーマル肌なんですが、時期によってはかなり敏感肌になります。

温度差だったり花粉だったり、そのときによって原因は違うんですけどね。

今使っていて調子良いものが、時期が変わればヒリヒリして使えないって場合もあります。

面倒ですね、うむ。

肌が弱い方は、様子を見ながらじっくりと。

化粧品の見直しは必要なことだと思うので、時間をかけながらやってみてください。

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 肌の基礎知識