キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

水洗顔って何?実践するなら朝だけのほうがいい

      2016/02/24

洗顔の手

水洗顔ってご存じですか?

水洗顔とは、洗顔料を使わずに水だけで洗顔すること

名前の通りの「水洗顔」です。

 

一般的にはスキンケアの手順として、

朝と晩に洗顔料を使って顔を洗いますが、水洗顔は水で洗うだけ。

この方法がスキンケア方法として、数年前から注目されています。

 

主婦困った

水だけ?!ホントにそれで大丈夫なの?

なんか皮脂でベタベタしたりしないの?

っていうか、にきびだらけとかになったりしない?

 

きっと多くの女性が初めて聞くとそんなふうに思いますよね。

スキンケアの方法って、人によって信じることが様々。

どの意見を信じるかで、してみたいスキンケアって変わるものです。

では、水洗顔っていったいどんなものなんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

水洗顔って何?どんな美肌効果があるの?

水洗顔はスキンケアの中から「洗顔料を使った洗顔」を省いたもの。

前提として知っておきたい水洗顔の基本的な注意事項は、

大きく分けて3つです。

 

ひとつ目は、メイクはきちんと落とすということ

洗顔料は使いませんが、クレンジングは使います。

メイクを落とさないままで寝てしまうことは、

水洗顔の考え方にも反します。

 

ただダブル洗顔をしないので、洗いあがりがさっぱりとしたもの、

ぬるぬる感の残らないクレンジングを使うことが必要。

例えばこちらのクレンジングは、ダブル洗顔不要です。

→→マナラホットクレンジングゲルの口コミ。年齢肌の解決と癒やし効果がスゴイ

 

ふたつ目は、スキンケア化粧品を使わないわけではないということ

例えば「肌断食」などであれば、

スキンケア化粧品そのものを使わない方法ですが、

水洗顔ではスキンケア化粧品の不要までは提唱されていません。

 

ただし、使うスキンケア化粧品を絞ることをすすめる場合が多いです。

例えば、化粧水は不要だけどクリームは必要、のように。

基本的には肌本来の力で美肌に導く方法ですが、

年齢肌に対する保湿は行うものがほとんどです。

 

3つ目は、ぬるま湯ではなく「水」を使うということ

水洗顔の「水」は、本当に水。

ぬるま湯ではなく、きちんとした水です。

冬の寒い間は「夏の水」くらいの温度で良いようですが、

基本的にはそのままの水で洗うことが推奨されています。

 

水洗顔の美肌効果って?本当に綺麗な肌になれるのか?

水洗顔の基本的な考え方は、

現代の女性は顔を洗いすぎている」ということ。

これは水洗顔を勧める方だけではなく、有名な佐伯チズさんも著書で書かれてますね。

 

ただ、私個人的には、

「朝は水洗顔だけでもいいけど、夜は洗顔料を使うべき」

だと思っています。

もちろん、ダブル洗顔不要のクレンジング剤を使う場合は別ですが。

 

水だけで皮脂や汚れは落ちる!という水洗顔の考えに思うこと

洗いすぎる洗顔は肌には悪い。

それは本当にそのとおりだと思います。

ただ水だけで30代からの年齢肌に対応した洗顔になるかというと、

とっても疑問に思ってしまいます。

 

だって健康な若いころの肌ならいいですが、

肌の代謝が衰えて、古い角質が取れなくなってしまった肌。

それに対する対処はどうするの?と思ってしまうのです。

 

朝だけ水洗顔を実際に試した結果

実は私、一時期「水洗顔」を朝だけ試していたことがあります。

30歳を過ぎた頃です。

 

試してみてどうだったか?というと、

顔がなんとなく暗いような気はするけど肌トラブルはなし

という状態でした。

洗顔後のパッと明るい顔色はないものの、

ニキビができるといったトラブルに悩まされることはありませんでした。

 

ただ、なんとなく。なんとなくなんですが、

化粧ノリが悪いような気がしてしまって、

通常の洗顔料を使った洗顔に戻してしまいました。

ただしこれは個人差があると思います。

 

水洗顔に興味があるならこっちがおすすめ

全く同じ考えでは全然ありませんが、

水洗顔に興味があるなら佐伯チズさんの著書を読んでみるのがおすすめ。

佐伯チズさんの本は、「スキンケアバンザイ!!」と「スキンケアしない!」の

真ん中あたりの方です。

 

●顔を洗い過ぎないこと

●紫外線に対する意識を高く持つこと

そういう、美肌の基本になることをきちんと学べます。

ご興味のある方はぜひ一読を^^

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 美容コラム ,