キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

このやり方は間違ったスキンケア方法!手順別のやっちゃいけないこと

      2016/02/24

女性のきれいな顔

スキンケアの仕方って、わざわざ友達に聞いたりしないし、

自分のやり方と同じかどうかも確かめたりしないですよね。

日常的なことだから、「いつものように」ってクセのようになっていたり。

 

主婦困った

そうだねぇ。。誰かに確認してってことはないかもなぁ。。

でも一応、お化粧品の説明書きに書いてるとおりにはしてるけど。

それくらいだよねぇ。。

 

 

「何を選ぶか?」のスキンケアではなくて

「どのように使うか?」のスキンケアって、もし間違っていても自分では気づきにくいもの。

でも年齢を重ねるに連れて、

「間違ったスキンケアの方法」は肌にドカンと跳ね返ってきてしまいます。

そうなる前に、少しだけでも確認してみましょう!

 

スポンサーリンク

 

これをやると間違い!スキンケアのやっちゃいけないこと

スキンケアの手順は多くの場合、

クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液・クリーム。

人によっては省くところもあるかもですが、

この順番で「こうすると間違ったスキンケアになる!」という方法を紹介します。

 

クレンジングの間違った方法!こうすると肌は弱る

ではまずはクレンジングから。

クレンジングは肌にとても刺激を与えるスキンケア手順。

こういうやり方をしていると、肌への刺激がもっと強くなってしまいます。

 

クレンジングと洗顔が1つになっている化粧品を使う

 

ダブル洗顔不要の、メイク落としと洗顔が一緒になっているタイプ。

人によって好みはあるかと思いますが、

個人的にはこういうタイプのクレンジング剤は好きになれません。

旅行の時などは便利かもですが……。

 

1つの手順でクレンジングと洗顔を兼ね備えるには、

それなりの洗浄力が必要です。

つまり、それだけ肌への刺激が強いということ。

もちろんダブル洗顔不要でも肌に優しいクレンジング剤もあります。

→→マナラのホットクレンジングゲルの口コミ。年齢肌の解決と癒やし効果がスゴイ

ですが、手軽さだけを求めて使うのは得策ではないかも。

 

少ない量のクレンジング剤で洗う

 

ついついもったいないから少なめに使うことってよくありますよね。

ちょっと高めのクレンジングならなおのことよくあります。

でも少なすぎる量でメイクを落としてしまうと、

知らないうちに角層を傷つけてしまっていることも。

 

適量を守らなければ、肌を無意味にこすってしまって、

ガリガリと肌を守っている細胞を傷つけてしまうんですね。

量を気にしていなかった、という方は、ぜひ確認を。

 

しっかり落とそうと思って肌をこすっている

 

しっかりメイクをした日には特にありがちなのが、

濃いメイクを落とそうと思って、ついこすりすぎてしまう」ということ。

アイラインが取れない→目を何度もグイグイこする、みたいに。

 

ウォータープルーフのマスカラなんて、オイルでもとれないことがあるほど。

何度もこすりたい気持ちはありますが、

そこはぐっとこらえて。

メイクが落ちにくい目元や口元は、肌が弱い場所でもあります。

事前にポイントメイク落としを使ったり、オリーブ油などを使うのもアリです。

 

クレンジング剤でマッサージしている

 

これは使っているクレンジング剤によりますが、

多くのメイク落としでは「界面活性剤」を使っています。

→→

 

界面活性剤を使っているクレンジング剤を肌に長く馴染ませていると、

肌のうるおいなど、本来取り除きたくないものまで洗い流してしまいます。

マッサージで角栓などを取りたい場合はピーリング化粧品を。

顔を洗う女性

洗顔の間違った方法!この顔の洗い方は正しくない

では次に洗顔の間違った方法。

洗顔では「こする」「すすぐ」に関することが多くなります。

 

洗顔料をすすぐときに肌をこすっている

 

なんとなく洗顔は、

手でバシャバシャと顔をこするというイメージがあるものですが、これはNG。

スキンケアはできるだけ肌をこすらないのが基本です。

 

洗顔料をすすぐときはこすらず、

ぬるま湯や水に肌をつけるような感覚で洗い流しましょう。

 

生え際などに残った洗顔の泡をタオルでふいている

 

朝の忙しい時、よくやってしまいますよね^^;

ちょっとだからいいか!と。

泡がよく残るのは、髪の生え際やあごなどのフェイスライン。

 

洗顔料がついたままだと、肌への刺激が大きく肌トラブルの元に。

洗い終わってタオルで拭く前に、一度鏡で見るくせをつけましょう。

 

この化粧水のつけかたは間違い!正しいつけ方を知ろう

「日本人は世界に類を見ない化粧水好き」

こんなことが書かれてある本を読んだことがあります。

私も化粧水の、あの使った後の感じが好きです。

でも間違った方法で使っている人も、比例して多いのです。

 

化粧水をつけた後のパッティング

 

化粧水をつけた後に、手でパンパン!と肌をたたく。

これって数年前(数十年?)に流行しましたよね。

でもこれ、ただ肌の刺激になるだけです。

 

肌をたたいても浸透力が上がるわけでもありませんし、

血流がよくなることもありません。

 

化粧水をコットンでつける

 

これも人によって好みが分かれるでしょうか。

化粧水を含んだコットンは、湿って固くなります。

それを使って肌に化粧水をぬると、もちろん肌への刺激に。

 

パッティングはもちろんのこと、コットンを滑らすことも、

手で馴染ませることに比べたら刺激は大です。

 

安い化粧水を大量に使う

 

お風呂のお湯が肌に吸収されないように。

いくら化粧水を肌にたくさんつけたとしても、大きな効果は望めません。

多くの化粧水の適量が「500円玉大」となっているように、

そのくらいが限度ではないかと思います。

 

「間違っている」とまでは言えないですが、

「あまり意味はない」というスキンケア方法。

それくらいなら、良いと思える化粧水を適量ずつ使いましょう。

105775_convert_20151005225724

美容液の間違った使い方!せっかくの美容成分を正しく使おう

スキンケアの要となる美容液。

スキンケア化粧品の中でどれか1つと言われたら、迷わず美容液です。

でもそんな美容液でもやりかたを間違えると効果半減です。

 

肌を甘やかさないように美容液は使っていない

 

これ、とってももったいないと思うのは私だけでしょうか。

確かに美容家の方の中には、

「肌本来の力だけで、美肌は実現できる」という方もいらっしゃって、

そういう考え方を否定するわけではありませんが……。

 

肌を甘やかさないという理由なら、たまにノースキンケアデーを作れば十分。

そのときに肌の調子を確認すれば大丈夫です。

せっかく肌の悩みを解決できる成分が入っている美容液。

使わないのは損してます。

 

高い美容液なので、少量ずつ使っている

 

美容液は高い!

やっぱり高いですが、適量を守らないとコスパが悪くなってしまいます。

というのも、美容液も適量を守ってはじめて

きちんとした効果が出るように作られているからなんですね。

 

高い美容液をちょこちょこ使うよりも、

適量を守ったほうが最終的にはコスパが良くなります。

 

乳液・クリームの間違った方法

スキンケアの最後の手順である乳液やクリーム。

これって実は、必須のスキンケアではありません。

乾燥しているかどうかを、まず確認することからはじめてくださいね。

 

油分でふた!は少し古い

 

化粧水で水分を入れて、クリームや乳液でフタをする。

これって当たり前のように言われてきたことですが、少し古い。

クリームや乳液の油分をつけても肌の潤いがアップするわけではありません

 

潤いを求めるなら、保湿成分を含んだ化粧品を使いましょう。

→→

 

ポイント

ポイントは…

●スキンケア方法を間違うと、肌トラブルのもとに

●まずは間違った方法をしないように意識してみて

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 肌のお手入れ, スキンケア化粧品 ,