キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

敏感肌は何に反応する?私がダメだったものと化粧品のこと

      2016/02/24

鏡を見る女性2

敏感肌の人はアレルギー体質が多いって知ってますか?

敏感肌は肌への外部刺激が伝わりやすくなっているので、

通常では問題ないようなアレルゲン(アレルギーの元)に反応してしまうことも。

 

今回は敏感肌代表の担当です。

名前: あい

年齢: 30歳

生活: 仕事と育児をこなすワーキングママ。敏感肌で、気を使っている。

性格: 化粧品ジプシー。活動的。

 

スポンサーリンク

 

敏感肌は何に反応してるの?予想外のものにも敏感になってるかも

乾燥が激しくなる季節…花粉症の季節…

そういうのが近づくと、私の肌に大きな異変が……!!!

そ れ は 。

『目の周りの肌が、砂漠よりさらに砂漠化する…!』

 

もう痒くて痒くて、でも掻いたらダメで、

カサカサすぎてファンデーションも全く馴染まず、ひどい状態に。

赤みが出ることもあって、その赤みが抜けるとなんか肌の質感が変わるっていう。

なんていうか、目の周りがテレっとします。

分かりづらいですか?テレっとするんです。

 

肌が敏感ということは分かっているので、基礎化粧品もそれなりに考えるわけですが、

使いたくなるよね、美容液パック。

綺麗になった感が半端じゃないですし、なんだか癒やされます。

で、ドラッグストアで買った美容液マスク。

「〇〇~で第一位!!」みたいなやつです。

 

でもこれ、私にはダメでした

ピリピリして、使い終わった後に痒くてたまらん。

 

敏感な私が反応したのはどれだろう。成分を見て悩む

私が(あくまでも私が、です。)ダメだったマスクの成分表はこちら。

美容マスク

分かりづらいとアレなので、転記します。

水、BG、グリセリン、プラセンタエキス、リン酸アスコルビルMG、レシチン、アルブチン、リノール酸、リノレン酸、酢酸トコフェノール、パルミチン酸アスコルビル、グルタチオン、PEG-60水添ヒマシ油、キサンタンガム、ダマスクバラ花油、ニオイテンジクアオイ油、パルマローザ油、ラベンダー油、グレープフルーツ果皮油、ローズマリー油

 

どうでしょう、このそうそうたるメンツ。

一部、ちょっとな…系のものも入っていますが、見事に素敵な美容成分です。

リン酸アスコルビルやパルミチン酸アスコルビルは美肌のビタミン系ですし、

プラセンタエキスやアルブチンも有名な美容成分です。

でもこれ、私にはダメなんです。

 

どれに反応したのかは分からないし、

もしかしたら普通なら良い成分なのに私には合わないのかもしれない。

 

敏感肌の悩みってこういうこと。使ってみなきゃ分からない

もしかしたら何かの検査とか受けて、

基礎化粧品ではこの成分が悪い!って知ってる人もいるかも。

なんですが私の場合は、何に反応してるのかって分からないわけなんですね。

 

もちろん、添加物とかが入ってる場合に、

「もしかしたらこれかなぁ。。」とか思うけど、それが正しいかどうか分からない。

上の成分表示で言えば、リノール酸やキサンタンガム。

この辺に反応してるのかなぁとか思わないではないけど。

結局のところ成分表示を見ただけでは分からなくて、

化粧品会社の謳ってる「これは低刺激!」とかでも分からないわけです。

 

使ってみないと、自分の肌に合うかどうかは分からない

それは普通の肌質の人が言う、

「肌に合う」「肌に合わない」ではなくて文字通り、

「肌に合わない」ものを使うと、本当に肌に異変が出てくるわけですよ。

 

まぁこの美容液マスクは捨て……きれない自分もいて、

貧乏性ってことなんですが(´ . .̫ . `)

敏感肌の人は、まず試してみること。しかないですよね…

だって使わなきゃわからないんだもん。

私の場合はすぐにひりひりが出てくるので分かりやすくていいんですが、

肌質は年齢とともに変化していて、必要な化粧品も変わります。

20代と30代と40代では、欲しい成分も変わります。

 

敏感肌だと新しい化粧品を使う段階になったとき躊躇してしまうんですが、

それでも肌の様子がちょっと変わってきたなって思ったとき。

少し怖いですが、試してみるっていうのもいいかもです。

 

この化粧品は大丈夫だった?

私が使った基礎化粧品はこちらからどうぞ。

↓↓  ↓↓

ディセンシアアヤナスの口コミ。抗糖化化粧品として使うのもあり!

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 肌の悩み, 敏感肌