キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

日焼け止めの二度塗りはアリ?ナシ?肌に優しい低刺激な使い方

      2016/07/07

紫外線と太陽

紫外線はただ単に「日焼けするから」というだけでなく

例えばしみやたるみ、肌の弾力低下やくすみなど、様々なエイジングトラブルを起こします。

若く肌トラブルがない時期から紫外線対策をしていた人と

若いころは思う存分、紫外線を浴びていた人。

比べてみるとやっぱり肌に大きな差が生まれています。

 

紫外線対策といえば最初に思いつくのが日焼け止めクリーム。

夏場ならもちろん、冬のウィンタースポーツなど、

紫外線が多く降り注ぐ場所では、「いつもよりも多く日焼け止めを塗らなきゃ!!」

という方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

日焼け止めクリームの二度塗りは肌に良いこと?

日焼け止めの表記方法などはこちらを参考にしてください。

→→紫外線対策の方法は?年齢肌の正しいUVケア

 

日焼け止めは「SPF」「PA」などの、紫外線に対する強さを

その時の自分の状態に合わせたものにすることが第一。

強すぎる日焼け止めは肌に刺激になります。

そして適量を守ること。

 

SPFもPAも、表記されている数字は、

皮膚1平方メートルに対して2ミリグラムの日焼け止めを塗ったとき」の数値です。

これは顔全体で考えると、500円玉くらいの大きさに。

けっこう多い量で、規定通り塗るとおそらくベタベタです。

でもこの適量を守らなければ、表記通りの効果は得られません。

普通に日焼け止めを塗る感覚では、まず間違いなく足りません。

 

なので、「二度塗りはOKなの?」の答えは、

規定量塗っていれば二度塗りの必要はなし、

規定量より少ないなら二度塗りよりも一度に塗る量を増やさなきゃ。

でもここで気になるのは、日焼け止めをそんなに塗ると肌に悪いんじゃない?っていうこと。

それには、日焼け止めの配合成分について考えなきゃです。

 

日焼け止めは肌に悪い?日焼け止めに含まれる成分

日焼け止めの主な配合成分として、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があります。

 

紫外線吸収剤って何?

紫外線吸収剤は文字通り、紫外線を吸収する作用のあるもの。

紫外線吸収剤

肌に塗った日焼け止めクリームが、紫外線を吸収して化学反応をおこします。

日焼け止めクリームが肌に悪いと言われているのは、

主にこの「紫外線吸収剤」が配合されているためです。

紫外線吸収剤の成分名の代表的なものは、

ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

 

例えばこちらの一般的な日焼け止めクリームの成分表示。

日焼け止めクリーム成分表

赤字で囲っているのが代表的な紫外線吸収剤の成分です。

「じゃあ、紫外線吸収剤を使わない日焼け止めを使ったら?」

それはそうなんですが、現実的にはけっこう大変なことも。

 

紫外線吸収剤はないほうがいい?実際に使うとどうなるか

ほとんどの日焼け止めクリームは、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」を合わせて作られています。

もしこれを紫外線吸収剤を配合せずにいたらどうなるか?

 

紫外線吸収剤の特徴として、

  • つけ心地がサラサラ
  • 透明でつけた後の肌が白く浮かない
  • 汗に強い

という長所があります。

逆に紫外線散乱剤はどうかというと、肌に優しい代わりに

  • つけ心地がこってりベタベタ
  • つけた後に白く浮いてしまうものが多い
  • 汗に弱い

 

つまり紫外線吸収剤を使わずにそれなりの日焼け止め効果を得るためには、

  • ベタベタするクリームを500円玉分塗りたくって
  • つけた後は顔が白く浮いて
  • 汗をかくとすぐに塗り直す

という日焼け止めクリームになっちゃうんですね。

これ、どうでしょうか。

現実的に考えて、日常的に使うのはちょっと難しくないですか?

 

紫外線散乱剤を上手に使おう

紫外線散乱剤は、紫外線を反射させる作用のあるもの。

紫外線散乱剤

比較的肌に優しいという長所がある一方で、防御力は少し弱め。

ただ紫外線の特に強い場所に行く場合や、無防備な姿でいなければいけない場合(野外プールなど)以外は

日焼け止めクリームに代わりに、パウダーファンデーションを使うことで

代用することも可能です。

パウダーファンデーションの中には、紫外線散乱剤の効果があるからです。

 

紫外線対策としてファンデーションを使う場合は、

リキッドタイプや練状のものよりも、粒子の細かい粉状のものを選んで。

粉おしろいのようなタイプを選んでも大丈夫です。

 

日焼け止めクリームを使った紫外線対策のまとめ

日焼け止めクリームは二度塗りが必要かどうかよりも、

ウォータープルーフでない場合は、塗り直しのほうが必要。

そして、適量を使ってしまえる覚悟があるなら別ですが、

顔に日焼け止めを塗りたくるのに抵抗を感じる方は、プラスアルファの紫外線対策を。

 

例えば日焼け止めクリームに加えてパウダーファンデーションを塗る。

帽子や日傘を使って、できるだけ紫外線を遮断するなど。

実は、日常使いにはこれだけでも十分、紫外線対策になります。

 

肌に良いか悪いかで言うと、科学的なものが入っている時点で肌には良くないです。

でもそれは、化粧品などでも基本的には同じこと。

その日一日の紫外線を浴びる量を予想して、紫外線対策を選ぶことも必要ですね。

 

紫外線を浴びてしまったら、美白化粧品で補おう!

美白化粧品の口コミはこちらからどうぞ。

↓↓

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 肌の基礎知識 ,