キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

リン酸アスコルビルMg

   

kankiturui

美容成分の代表格「リン酸アスコルビルMg

慣用名では「リン酸L-アスコルビルマグネシウム」「ビタミンC誘導体」

特に「ビタミンC誘導体」の名前では、知らない人はいないくらいの知名度です!

リン酸アスコルビルMgについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

リン酸アスコルビルMg、エイジングケアに欲しい代表美容成分

リン酸アスコルビルMgは、元々はビタミンC。

このビタミンC、美容成分としては

・メラニン生成を抑制する

・メラニン排泄を促進する

・メラニンを還元する

という、美白成分としての働き方の他、

・皮脂の分泌抑制作用

・抗酸化作用

・コラーゲンの生成促進

など、大人ニキビの解消やエイジングケア、シワやたるみの予防改善などなど。

本当に本当に、様々な肌トラブルに対処してくれる成分!

エイジングケアをするなら、ぜひ取り入れたい成分の一つです。

 

ビタミンC?ビタミンC誘導体?その差はいったい何なのか

ビタミンCは、もともと壊れやすい成分。

そのうえ、肌からの吸収がとてもされにくい、浸透しにくい成分です。

そんなビタミンCを、

・肌に浸透しやすく

・長時間、皮膚にとどまりやすく

というふうに開発されたのが、ビタミンC誘導体です。

 

化粧品に配合されているのは、ほとんどが「ビタミンC誘導体」

その中でもよく配合されているのが、ビタミンCにリン酸を結合させたもの。

リン酸アスコルビルMgもそうですね。

 

ビタミンC誘導体とリン酸アスコルビルMgの違い

リン酸アスコルビルMgは水溶性のビタミンC誘導体の1つ

肌に浸透しやすい成分である「Mg」というミネラル成分があるので、

皮膚細胞の奥まで入り込みやすく

純粋なビタミンCに比べると約8倍の量が皮膚に取り込まれるといわれています。

そしてその効果は12時間以上持続するとも。

 

化粧品の中でも、化粧水に配合されることの多いリン酸アスコルビルMg。(ビタミンC誘導体)

ぜひぜひ、エイジングケアに取り入れてみてください。

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 美容成分一覧