キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

妊娠中と産後は肌が荒れる?シミとニキビができやすくなる本当の理由と対策法

      2016/02/24

マタニティ

妊娠中や出産直後は肌が荒れやすいって聞くことがありますよね。

シミができやすくなったり、ニキビができる体質ではなかったのにニキビができたり。

ただでさえ妊娠中や出産直後は、体が辛くなったり赤ちゃんのお世話が大変だったり、

自分の肌に構う時間が今までよりは確実に少なくなってしまいます。

 

主婦困った

そうそう!!

私も妊娠中、大人ニキビがすっごくできたんだよー!!

でもなんかしんどくて、ケアとか何もできなかったけど…

 

多くの方が、「妊娠中や出産直後の肌荒れ」を経験してると思いますが、

これって本当にあることなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

なぜ妊娠中と出産直後は肌が荒れる?その理由は?

女性の体の中には、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが、

周期的に入れ替わりながら存在しています。

エストロゲンは美肌のホルモン、プロゲステロンは妊娠や出産のためのホルモンです。

それぞれの女性ホルモンの働きについてはこちらをどうぞ。

→→なぜ生理前は肌がボロボロになる?原因はあの女性ホルモンだった

 

エストロゲンは卵胞ホルモンと呼ばれ、みずみずしい肌を作り出してくれます。

プロゲステロンは黄体ホルモンと呼ばれ、

妊娠するとプロゲステロンの分泌量が多くなります。

プロゲステロンは子宮内の状態を整え、胎盤を完成させて、赤ちゃんの成長促進、流産の防止を担っています。

 

プロゲステロンは、妊娠する上でとても大切な女性ホルモン。

ですがこのプロゲステロンは、負の部分も持っているんですね。

例えば生理前のイライラや腰痛、体のだるさはプロゲステロンの分泌が増えているから。

プロゲステロンが増えていくと、精神的に情緒不安定になりやすくなります。

 

そしてこのプロゲステロン、肌への悪影響もあります。

それが「シミのできやすい肌にしてしまう」ということ。

プロゲステロンはメラニンを生成するメラノサイトを刺激して、シミを作りやすい状況にしてしまいます。

 

妊娠中はやっぱりシミができやすい?

確かに、妊娠中の増えているプロゲステロンの働きによって、

通常のホルモンバランスのときよりもシミができやすくなります。

ですが妊娠中のシミのできやすさは、それだけが原因ではないと言われています。

 

妊娠中ってノーメイクで過ごすことが多くないですか?

特に仕事が休みに入ってからはなおさらではないでしょうか。

主婦困った

う…確かに…

ついついきちんとメイクするのが面倒になって、ほとんどスッピンだったかも。。

だって、体が重いんだもん!!

 

決して悪いことではないですし、しんどい体で無理にメイクをする必要なんてないと思います。

でも、妊娠中は紫外線ケアが十分ではなくなってしまうというのも事実。

これが妊娠中のシミの原因になることも多いんです。

 

出産直後も同じことが言えますよね。

小さい子供がいても、食事を作るための買い物は行かないといけませんし、

日常的に必要なおむつなどの買い出しも必要でしょう。

抱っこをせがむ赤ちゃんを放置して日焼け対策なんて、そう簡単にはできません。

 

そんな時には、オールインワンタイプで日焼け対策もできる商品を選ぶと楽ちんです。

朝起きて子どもの機嫌が良さそうなときを見計らってさっと付ける。

それだけでも妊娠中や出産後の日焼け対策になります。

→→

顔を洗う女性

妊娠中は大人ニキビが増える?その理由と対策は?

そして妊娠中の肌トラブルで多いのが、大人ニキビや吹き出物。

こちらも同様に、ホルモンバランスが狂ってしまうことも原因の1つ。

そして、妊娠中は皮脂の量が増えてしまうのも大きな原因の1つです。

 

妊娠中のホルモンバランスは、生理前のときと同じような状態。

生理前にニキビが増えてしまうことってありますよね。

そんなときはまず、皮脂をきっちりと落としてしまうこと。

毎日の洗顔を、今までのものよりもサッパリと皮脂を落とせるタイプの石けんに。

酵素洗顔を使うのもいいですが、今までとは肌質が変わっていることが多いので、

「肌が敏感になった」と感じる方は注意が必要です。

 

妊娠中の食生活も肌トラブルの原因に

妊娠中は食の好みが変わります。

「これしか口にできない!」という場合だってありますよね。本当につらい時期もあります。

赤ちゃんの健康が第一なので、食べられるものを食べるということも大事。

ですがあまりにも偏りすぎた食事は、肌トラブルだけでなく赤ちゃんにも悪影響が。

 

栄養バランスの取れた食事を簡単に決める方法は、

こちらの記事で紹介している、色で献立を決める方法。

妊娠中は食の好みがかなり閉鎖的になりますが、食べられるものの中から色を試してみてください。

いつもが茶色ばかりの食事なら、すこしだけ赤や黄色を入れてみる。

それだけでも栄養バランスの偏りは少なくなります。

 

ポイント

妊娠中、産後に一番大切なのは、ママの体と赤ちゃんの健康。

実際のところ、肌の状態なんて二の次です。

でもほんの少しでも余裕が生まれたら、肌のことを考えてみましょう。

ポイントは「いかに楽ちんに肌のお手入れをするか?」です。

気負わずのんびりと、肌のことを考えていきましょう^^

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 肌の基礎知識 ,