エタノール

美容成分一覧

リラックス

化粧品の中に配合されることも多く、

なんとなく肌に悪そうと思ってしまうエタノール

エタノールについてまとめてみました。

 

[adsense]

 

化粧品配合されてるエタノールってなに?

化粧品に配合されるエターノールは、

・石油由来のもの

・植物由来のもの

二つに分かれます。

 

石油由来のものについては、

エチレンと合成されて「合成アルコール」になります。

植物由来のものについては

サトウキビなどの糖蜜を発行して得られる「発酵エタノール」になります。

 

化粧品に入っているアルコールの中には他に

「ブタニール」「ベヘニルアルコール」「セタノール」「コレステロール」などありますが、

一般的には、アルコールというとエタノールを指していることが多いです。

 

エタノールの特徴と働き

エタノールは化粧品の骨格になる水溶性のベース成分です。

主な役割は

・清涼感を出すため

・防腐力の向上のため

・植物エキスなどの抽出溶媒のため

揮発性があり、蒸発するときに熱を奪います。

そのため、スーッとした使い心地になることが多いです。

 

夏に使う化粧水や、男性が荒涼感を求めるときの化粧品には、

エタノールの配合が多くなる場合があります。

が、基本的には刺激成分

肌が弱い人は、エタノールの配合率が高くなっている化粧品は避けたほうがいいかも。

 

植物エキスの溶媒としてのエタノール

そしてエタノールの重要な役割の一つが、植物エキスの溶媒

溶媒とは、固体・液体・気体を溶かす物質のこと。

例えば食塩水の場合、食塩を溶かす水が溶媒です。

 

植物エキスは多くの化粧品で配合されています。

そのエキスを抽出する際の「抽出溶媒」としてエタノールが使われます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました