キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

水溶性コラーゲン

   

55bda08fdf2b988b53256e599781bda0_s

とっても有名な美容成分であるコラーゲン。

化粧品のパッケージなどには「水溶性コラーゲン」と書かれていることもあります。

水溶性コラーゲンについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

水溶性コラーゲンの特徴や役割など

コラーゲン自体は水にほとんど溶けることがないため、

水溶性にすることで化粧品に配合しやすくしたものが「水溶性コラーゲン」です。

豚や魚など、動物の肩やウロコから抽出した、

水溶性のタンパク質から作り出すことができます。

 

本来は水に溶けないものじゃら作られているものなので、

酸やアルカリ、酵素などで溶解して抽出します。

 

水溶性コラーゲンの役割

使用感はとてもサラッとしていて、肌に馴染みやすい感じ。

サラッとしていますが、肌に保護膜をつくります。

低温ではジェル状に、人間の体温では液状になります。

 

水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンの違い

化粧品の中に配合されるコラーゲンの中で、

最も目にすることが多いのが、「水溶性コラーゲン」と「加水分解コラーゲン

化粧品でコラーゲンというと、だいたいこの2つのどちらかをさしています。

 

コラーゲンの構造は、3重のらせん構造。

わかりやすく言うと、

3本の紐を、ぐるぐるとねじっているような状態です。

この3本紐のネジネジの両端がアレルギーの原因になると言われている物質。

このアレルギー物質を除いた部分を「アテロコラーゲン」といいます。

 

このアテロコラーゲンを加水分解(化学物質の分解反応)して

細かくしたものが「加水分解コラーゲン」です。

コラーゲンペプチドと呼ばれることもあります。

分子が小さくとろみもないので、使用感にはあらわれづらい成分です。

 


スポンサーリンク

 - 美容成分一覧