キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

乳酸Na

   

アロマ

化粧品の成分表示を見ていると、たまに見つける「乳酸Na

配合順の上に方にある場合もありますよね。

乳酸Naについてまとめてみました。

 

乳酸Naって何?化粧品の保湿成分として使われている

乳酸Na…どこかで聞いたことがあると思った方は、

美容に対する知識がとても多い方ではないでしょうか。

乳酸NaはNMF(天然保湿因子)を構成する成分の一つ

肌細胞 (2)

角層では、レンガとセメントのような状態で、

細胞間脂質が水分をはさみこんで、外に逃がさないようにしています。

細胞間脂質で代表的なものは「セラミド」

NMF(天然保湿因子)は、セラミドを代表とする細胞間脂質に挟まれている中で、

水分をガッチリと保水する役割を担っています。

 

NMFの構成組織は

・アミノ酸  40%

・PCA  12%

・乳酸Na  12%

・尿素  7%

・その他  29%

天然保湿因子が不足すると肌が乾燥し、角質層の水分量が減少します。

NMFはスポンジのように水分を吸水するので、

肌にNMFが豊富にある場合は、赤ちゃんのような肌に。

少ない場合は、固くて乾燥しやすくなります。

 

乳酸Naはどうやって作られる?どのように使われる?

石油由来、もしくは植物由来の乳酸に、

「水酸化Na」を中和させたものが乳酸Naです。

50%~60%の水溶液や、混合原料(あらかじめ複数の化粧品原料を混合した状態で流通している原料)で

化粧品に使用されることが多い成分です。

 

乳酸はもともと自然界に多く存在している成分で、安全性が高いと言われています。

グリセリンと同様の高い吸湿力を持っているので、

グリセリンの代用として使われることもあります。

(参考:化粧品配合成分 グリセリンとは

 

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 美容成分一覧