キレイノアンテナ

エステ、サプリ、食 あなたのキレイのアンテナがきっと見つかる

美容液はどうやってつける?正しい付け方と美容液の種類

      2017/09/24

美容液

もし「化粧品を1つしか使ってはいけない」ことになってしまったら

真っ先に手に取りたいのが美容液

あの佐伯チズさんが「美容液が誕生したときには美容界に衝撃が走った」

と言うくらいの肌にとっての薬のような存在です。

 

でも実際には「化粧水→クリーム・乳液」の手順だけで

美容液を使ってない人ってけっこう多いんですよね。

それってすっごくもったいない!

美容液を使うと、こんなに良いことがたくさんです!

スポンサーリンク

 

美容液の効果って?美容液はこうやって選んでいこう

美容液にはクリーム状のものがあったり、ジェル状のものがあったり、その形態は様々です。

これは「美容液とはこのような形である」という取り決めがないから。

 

美容液は水分補給や油分補給とは別に、

肌を活性化させたり、ハリを与えたりキメを整えたり。

肌の奥の奥まで浸透して効果を発揮するという面で、

他のスキンケア化粧品とは一線を画します。

それに肌に合う美容液を使ったときの、気持ちの上がりようったらないですよね!

 

美容液は自分の悩みに合ったものを選ぶのが基本ですが、

どの年令になってもベースになるのが「保湿

どれがいい?迷ったときは保湿効果の高い美容液を選ぶのもありです。

 

保湿美容液ってどんなもの?入っている美容成分は

保湿美容液は肌の中の水分を抱え込んだり、挟みこんだりする成分が入っているもの。

肌の水分を外に出さず、キープするという効果があります。

保湿美容液に入っている成分は

・セラミド

・ヒアルロン酸

・コラーゲン

・レシチン

・スフィンゴ脂質

保湿効果がある美容液を選びたい場合は、上記のような成分が入っているものを。

こちらの成分が入っている化粧品はこちらを参考にどうぞ。

→→保湿効果あり!乾燥肌対策化粧品口コミ一覧

 

美白美容液ってどんなもの?入っている成分は

美白美容液は、シミやそばかすの原因になるメラニンを防いだり、

すでにできてしまったメラニンの排出を促したりするもの。

予防効果があるものが多いので、一年中使いましょう。

 

美白美容液に入っている美容成分は

・ビタミンC誘導体

・アルブチン

・エラグ酸

・トラネキサム酸

・ルシノール

・カモミラET

・油溶性甘草エキス

このような美白効果のある美容成分は「エイジング」を謳っている化粧品には

配合されていることが多い成分です。

 

エイジングケア美容液ってどんなの?入っている成分は

肌を活性酸素から守る抗酸化成分。

肌のハリや弾力を司る、コラーゲンやエラスチン。

年齢を重ねることによって出てくる肌の悩みをトータル的にケアする美容液です。

 

エイジングケア美容液に入っている成分は

  • レチノール
  • ナイアシン
  • ポリフェノール
  • ビタミンC誘導体
  • 甘草エキス
  • AHA(α-ヒドロキシ酸・アルファヒドロキシ酸)

など。

シミや乾燥対策として、保湿効果や美白効果のある成分が配合されていることも。

 

美容液の選び方は自由である。補いたいものを使おう

美容液と選び方は思ってるよりも自由で、

美容液は複数種類つけてもかまわない。

引用:吉木伸子著『正しいエイジングケア事典』

こういう機能が欲しいって思ったら、そういう成分が入った美容液を重ね塗りしちゃえっていう。

そしておそらく誰でも経験があると思うんですが、

(´・ω・`)「この化粧品、ものすごく効果を感じるんだけどなぁ」

(´・ω・`)「使用感が軽すぎて物足りないんだよなぁ」

私の場合、アンプルールラグジュアリーホワイトがまさにこういう状態なんですよ。

・シミへの効果が、自分の肌で実感できた!

・でも使用感が軽すぎて物足りなく感じてしまう!

「あっちが立てばこっちが立たず」というかなんというか。

こういうときも美容液が、使用感の不満をうまく解消してくれるんですよ。

 

先ほどのアンプルールラグジュアリーホワイトは美白化粧品なので、

美白成分はもうお腹いっぱいかなと思うじゃないですか。

じゃあ、もっと使用感を重くするための「保湿効果」を高めていきたいところ。

例えばブースターとしての役割も備えているピュアセラ美容オイル

使用感がガツン!とくるクラウンセルクリーム

少しづつ足し算してコントロールすることで、成分や使用感を調整できるんですね。

これぞ美容液のメリットです!

 

正しい美容液の付け方は?効果を発揮できるようにきちんとつけよう

肌の悩みをピンポイントで突いてくれる美容液。

せっかくの美容液なので、正しくつけて効果を最大限にしましょう。

美容液の正しい付け方は3ステップ。

顔を洗う女性

ステップ1 適量を手のひらにとる

清潔な手のひらに適量をとります。

適量は商品によって違うので、それぞれを確認してください。

手のひらの美容液は両手のひらに広げます。

 

ステップ2 両手のひらで顔全体に馴染ませる

両手のひらで軽く押さえるようにしながら、顔全体になじませていきます。

目の周りや口の周りなど、

行き届きにくい細かい部分にもなじむようにしてください。

 

ポイント

保湿美容液を使う場合は、

元々皮脂の多いTゾーンや小鼻の周りは少なめでOK。

逆に乾燥の激しい場所には多めに使うといいですね^^

 

ステップ3 仕上げに軽く押さえる

最後に、手のひらで全体を軽くおさえて馴染ませます。

目元や口元の細かい部分には、指の腹を使ってなじませて。

 

正しい化粧水の付け方も合わせて、毎日のスキンケアをしてみてください^^

→→30代の肌に欲しい化粧水の美容成分と正しい化粧水の付け方

 

関連アドセンス


スポンサーリンク

 - 肌のお手入れ, スキンケア化粧品