エステと美容外科の違いは?どっちを選ぶかのポイントは何?

   

雑誌の広告やテレビのコマーシャル、電車の中づり広告などなど、美容に関する広告を目にする機会ってけっこう多いです。

その中には、エステもあれば美容外科もあり。

でもふと思いませんか?「エステと美容外科の違いってなんだ?

漠然とした違いは分かるものの、はっきりと知っている人って少ないと思うんですよね。

特別にキレイになりたいときの手段としてのエステと美容外科。

違いや、どっちを選ぶといいのか?のポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

 

エステと美容外科は何が違う?

エステも美容外科も、見た目を美しくすることやエイジングケアをするという目的は共通しています。

どちらに通う方も、「キレイになりたい、若くありたい」という動機は同じだと思うんですね。

だからこそ、混同してしまいがちなんですよね。

イメージとしては、「美容外科は敷居が高いかも」「エステは勧誘がすごそうだよね」みたいな。

なんとなくの印象が先行してしまっていることもあります。

 

エステと美容外科の決定的な違いは、

美容外科:医師による医療行為を行っている

エステ:医師免許を有しない技術者が美容術を実施している

この点において、両者はまったく異なっているといっていいかと思われます。

じゃあ、具体的にエステや美容外科は何をやってるの?っていう。

 

美容外科では何ができる?何をする?美容医療サービスの特徴

有名な美容外科では

・共立美容外科

・城本クリニック

・湘南美容クリニック

・高須クリニック

などなど、テレビCMでおなじみのクリニックも多いですね。

 

美容外科で実施されている施術内容は、近年、とても多様化してきています。

かつては美容整形のイメージばかりが強かったのですが、最近はそうでもないんですよね。

施術対象は身体のあらゆる部位に及んでおり、美容成分の注入やプチ整形なども含まれます。

以前に比べると敷居が格段に下がっており、気軽な感覚でいる方も多いですが、あくまでも医療行為。

体を傷つけるものも含まれるので、慎重に考えるべきところ。

 

さてでは実際に、美容外科でできるのはどんなものがあるのか?

大枠に分けてご紹介します。

 

顔に対する美容医療

こちらはフェイシャルエステではなく、美容整形のイメージ。

・二重まぶた形成

・しわ取り

・ヒアルロン酸、コラーゲンなどの物質注入

・隆鼻術(鼻を高くする)

・整鼻術(鼻の形を整える)

・フェイスリフト術

などなど。

 

身体に対する美容医療

こちらは施術が身体を対象にしているもの。

・豊胸術

・脂肪吸引

など。

 

皮膚や脱毛、その他の美容医療

カテゴリとしては、こちらがもっともエステに近いかなと思います。

・レーザー治療

・ケミカルピーリング

・脱毛

 

エステでは何ができる?エステ美容術の特徴

エステはもともと「審美」という意味を持つ言葉でした。

総務省の日本標準産業分類によるとエステティックサロンとは

手技又は化粧品・機器等を用いて,人の皮膚を美化し,体型を整えるなどの指導又は施術を行う事業所をいう。

引用:総務省日本標準産業分類

エステティシャンは技術者という認識です。

エステサロンはエステを行う場所であり、エステは美顔や痩身、脱毛などの全身美容をさします。

 

注意しておきたいのは、エステでできるのはあくまでも「美容術」の範囲内でしかないということ。

確実な効果を求めることはできないし、医療行為ではないだけに、高度な設備や専門性は美容外科に劣ります。

その分、金銭面や行きやすさの面ではエステのほうが良い場合もあります。

さてでは、エステでは何ができるでしょうか。

 

エステでできる美顔施術

シミやしわ、ニキビ痕などの肌のトラブルを解消することを目的とするもの。

自宅ではできない高保湿ができたり、特別な機器を使って肌へアプローチします。

私が行っているのは、まさにこの分類のやつですね。

≫≫私が行ったフェイシャルエステ口コミレポ

 

エステでできる痩身施術

いろいろな手技や機器を用いて、体型を整えることを目的とするもの。

サウナや超音波などの機器を使う施術もありますが、多くのエステサロンで実施しているのはハンドマッサージかなと思います。

普段の食事や運動など、私生活でのアドバイスがあることも多いです。

 

エステでできる脱毛

エステで行える脱毛は、永久脱毛ではありません。

永久脱毛は医療行為なので、エステサロンでは行えないんですね。

エステサロンで行っている脱毛は『美容ライト脱毛』といい、

美容ライト脱毛とは、除毛・減毛を目的に皮膚に負担を与えず毛の幹細胞を破壊しない範囲で、エステティックサロンで行なわれる光脱毛をいう。

引用:一般社団法人日本エステティック振興協議会

エステ脱毛は最近はとくに低価格で、通いやすいというメリットがあります。

が、「毛の幹細胞を破壊しない範囲で」という言葉通り、永久に生えてこないわけではありません。

 

それで結局エステと美容外科はどちらがいいの?

メスで切る切らないは別として、身体への高い効果を望み、侵襲する可能性に抵抗がなければ美容外科。

あくまでも「自宅ではできない美容法」を考えているならエステサロン。

金額的にも大きく違う場合もありますし、効果面で大きな差が出ることもあります。

どちらにしても慎重に考える必要がありますし、好みもあるだろうなぁと思います。

相性の良いところを見つけることが一番だと思いますので、エステにしろ美容外科にしろ、カウンセリングや体験などをしてみるといいかもですね。

 


スポンサーリンク

 - 肌の基礎知識