メチルパラベン

   

bara

化粧品の配合成分の中では、よく目にする成分ですが、

あまりいい印象を持っている方が少ないと言われる「メチルパラベン

パラオキシ安息香酸プロピル(パラベン)の一種であるこの成分、

どんな特徴がある成分なのかをまとめてみました。

 

メチルパラベンとは?代表的な防腐剤のひとつ

メチルパラベンは水溶性で、無色または白色の結晶性粉体。

広範囲な微生物に対しての殺菌力を持っています。

ここで気になる「殺菌」という言葉。

なんとなく強い言葉なので、肌にも刺激になるんじゃないか?と思ってしまいます。

 

殺菌というのは、細菌などの微生物を死滅、あるいは減少させる作用のこと。

「抗菌」という言葉の中に含まれます。

微生物を死滅させるほどの作用なら、肌にも悪いんじゃないか?という気がしますが、

確かにメチルパラベンは肌への刺激がある成分ではあります。

ただし、同じ「パラベン」の仲間の中では低刺激な成分です。

 

代表的なパラベン

化粧品に配合されるパラベンの中でも代表的なものが

・メチルパラベン

・エチルパラベン

・プロピルパラベン

・ブチルパラベン

この中でメチルパラベンは、最も殺菌力が弱い代わりに、

最も肌への刺激が弱い成分でもあります。

そのため、低刺激化粧品の防腐剤として配合されることが多いんですね。

 

また、同じパラベンでも、組み合わせることによって殺菌力が上がります。

例えば、「メチルパラベン」と「エチルパラベン」を組み合わせて配合、というように。

その場合は、それぞれの名称を表示せずに、

ただ単に「パラベン」として記載されることがほとんどです。

 
キレイへのいろんな商品の口コミはこちらからどうぞ。

↓↓


スポンサーリンク

 - 美容成分一覧