ドンキの500円フェイスマスク!ハダオモイのヒト幹細胞培養液配合マスクの口コミ

   

フェイスマスクのパッケージ写真

最近近くにドンキホーテができまして、ふらっと立ち寄ってみてビックリ!

フェイスマスクが数種類、破格の値段で販売されていました!

その値段、なんと30枚入り500円。

今回は複数ある中から、「HADAOMOI(ハダオモイ)」のフェイスマスクを選んで使ってみました!

スポンサーリンク

 

HADAOMOI(ハダオモイ)フェイスマスクってどう?プチプラ500円のマスクの実力

今回購入した「ハダオモイ」のフェイスマスクは、前述したように30枚で500円というプチプラ。

1枚約16円なので、気軽に使えるマスクですね!

パッケージ写真を見ると分かるように、このマスクは「高濃度ヒト幹細胞培養液配合フェイスマスク」という記載が。

 

「ヒト幹細胞培養液」というのは、細胞を活性化させてその働きを促すというもの。

エイジングケア化粧品に配合されていることも多いんですが、非常に高価なんですよね。

以前にヒト幹細胞培養液配合の化粧品を試したことがありますが、高価。ですがそれに見合った効果も感じるような化粧品です。

 

このフェイスマスクも、もともとの定価は3800円。

ドンキだから500円で販売することができるのか、はたまた配合量を少なくしているから割引が可能なのか。

 

その前に、この500円フェイスマスクに配合されている「ヒト幹細胞培養液」についてのおさらいを。

もう知ってる!という方は、読み飛ばしてくださいね!

 

プチプラマスクに配合!ヒト幹細胞培養液とは

幹細胞は、自己複製能と様々な細胞に分化する能力(多分化能)を持つ特殊な細胞である。

この2つの能力により、発生や組織の再生などを担う細胞であると考えられている。

引用:藤田保健衛生大学医学部

幹細胞を使った美容は「未来の美容」と言われることも多く、いまや多くのスキンケア化粧品に配合されています。

さて、何がスゴイのか?というと、細胞を活性化させるという点。

 

加齢や紫外線などによって肌の細胞が衰え、その結果、シミやしわ、たるみにつながっているというのは周知のことと思います。

幹細胞を配合した化粧品は、「足りないものを補う」というよりは「細胞そのものを元気にして若いころの肌を取り戻そうぜ」的な感覚です。

幹細胞が、肌細胞の母と呼ばれたりするのも、細胞を生み出す力を期待されてのことですね!

 

幹細胞は細胞を生み出し、そしてその細胞を複製するという機能もあります。

そのため、幹細胞が一つ減ってしまうと、数珠つなぎ的にいくつもの細胞がなくなってしまいます。

幹細胞を減らさない・増やす・活発にするということを目的に、幹細胞コスメが増えていってるっていうことですね!

 

ドンキ500円フェイスマスク「ハダオモイ」を使ってみた

販売名:HAフェイスマスク

内容量:30枚

美容液:330g

では実際に使ってみました!

 

使い方は一般的なフェイスマスクと同様で、洗顔→フェイスマスク→スキンケアの順。

フェイスマスクパッケージの裏の写真

中を開けてみるとこんなふう。

フェイスマスクの中身の写真

うむ。

美容液が全体で330gということは、1枚当たり11gの美容液がしみ込んでいるはずなんですが、そんな感じはあまりしないです。

気になるフェイスマスクの形はこんなふう。

フェイスマスクを広げた写真

先日試した、同じくプチプラのデイリーエッセンスマスクよりもかなり大きめの作り。

目元がガバッと開いているので、ペロンと垂れている目元のとこで調節しなきゃですね。

これについては毎回思うんですが、みなさん目を閉じて全部目元カバーした状態にしてマスクするんでしょうかね。

私はパック中の10分が待てないので、目は開けた状態にしておきたいんですけど。

 

マスクの生地も、どちらかといえば薄め。

マスクの生地を近くで撮った写真

値段が値段なので文句は言わないけど、定価で買っていたら不満を持つかもっていうくらい。

そしてやはり、美容液はそれほど多くはないです。

 

ハダオモイのフェイスマスクの使用感

使用中は、一般的なプチプラフェイスマスクと同じような感じ。

目元は大きめに開いていますが、マスク自体が大きめというわけではないのでまずまず。

美容液の量がそれほど多くないので、液だれする心配もありません。

 

使用後は、しっとりするけど超絶保湿というほどではありません。

使用感が良かった他のマスクに比べると満足感は低いですが、値段を思えば及第点。

これ、朝と晩の2回使ってもいいかもしれません。

値段的にそれが許されるし、やっぱり普通にスキンケアするよりは保湿感が長持ちする気はします。

 

定価が3800円であることを思うと、その値段じゃ買わないかなというのが正直なところ。

でも500円ということを思うと、日常使いにはピッタリ。

ガンガン使えるくらいのコスパと、ほんのり保湿、そしてヒト幹細胞培養液が配合されているということで、将来的な肌へのメリットもあるのだろうと思います。

 

ハダオモイのフェイスマスクの配合成分

水、グリセリン、BG、ベタイン、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、乳酸桿菌/加水分解コラーゲン発酵液エキス、ユビキノン、アスタキサンチン、パルミチン酸レチノール、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、マンダリンオレンジ果皮エキス、コンフリー葉エキス、PCA‐Na、尿素、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、マルトース、ソルビトール、パンテノール、カルニチン、トロポロン、トコフェロール、スクワラン、ピーナッツ油、オリーブ果実油、1.2‐ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、PG、キサンタンガム、(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル‐10、ステアリン酸スクロース、水添レシチン、レシチン、ポリソルベート60、クエン酸、クエン酸Na、EDTA‐2Na、フェノキシエタノール

ヒト脂肪細胞順化培養液エキスは、脂肪組織から脂肪幹細胞を抽出したもの。

脂肪幹細胞は、採取が容易で幹細胞の含有量が多いため、再生医療や化粧品の原料として活用されています。

 

まとめ

これはもう一言にすると「定価なら買わないけど500円ならリピもあり」

使う場合は、朝晩の2回使いがおすすめです。

その他、フェイスマスクの使用感レポはこちらを参考にどうぞ!

 


スポンサーリンク

 - 肌のお手入れ, スキンケア化粧品, スキンケア化粧品の口コミ